FC2ブログ

type2102

浜松エアパーク行ってきた。

今週末も雨で土曜日の山行は断念。
ちょっと足を伸ばして浜松へ。エアパークに遊びに行ってきました。



航空自衛隊の広報施設です。浜松にしかないそうな。
HP→エアパーク 航空自衛隊 浜松広報館

飛行機とお船が大好きな私。これは行かねば!


入口


受付でシアターの受付をすましていざ展示資料館の中へ。
まず出迎えてくれるのは支援戦闘機F–2のモックアップ。



開発の経緯やテストについての展示もあります。


少し奥に進んで見えるのはF–1戦闘機!




コックピットやエンジン部を見せる展示になっています。





その奥にはエンジンの展示も。




ここは残念ながら時間切れであまり見れず、、。シアターへ向かいます。


シアターでは航空自衛隊の救助訓練にクローズアップしたプログラムでした。
ヘリにロープで引き上げられる際の映像があったりしてハラハラどきどき。
想像していたより揺れるようで映像もぐわんぐわん揺れてました。笑



シアター終了後は続けて2階の見学。
面白かったのが隊員の装備などの展示。


あと!すごかったのが!これ!!対空機関砲。




あとは戦闘機が積んでいる砲弾やレーダー類の展示、隊員の衣装や階級ごとの区分けについてなど。
1階に比べて2階は航空自衛隊とはどんなものかという感じの強い展示でした。



そしていよいよ一番のお楽しみ、展示格納庫!!


航空自衛隊で使用した機体の展示が戦闘機から訓練機から救助ヘリまでなんと総19体!




復元された零戦の展示も。
極限まで重量を削った機体は鋲の頭も見えないつるんとした機体でした。





ここらへんは救助ヘリ。







戦闘機は一部ですが試乗体験ができます。


ちょうど階段にいらっしゃる方は衣装もレンタルしてなりきっていらっしゃいました。
外国人の方やご夫婦、小さい子供達まで敬礼で記念撮影をしたりして楽しそうだった。
私は試乗もレンタルもしていませんがコックピットは見せてもらいました。
わくわく(・∀・)まんぞく(・∀・)



これで館内の見学はおわり。
お外にもいくらか展示があります。




(緑のやつ、この形で飛びづらくないんだろうか・・・)







所要時間は2時間半くらい?
もっとじっくり見たかった・・・。
機体やモックアップの展示の迫力は子供も大人も一目で魅了される素敵な展示ですが、
航空自衛隊の活動、後方支援について、戦闘機のメカニズムの点字などは十分に大人が楽しめる内容だと思います。
ぜひぜひ行ってみてください( ´ ▽ ` )ノ

11月にはエアフェスタも開催されます!これ行きたいな・・・(・ω・)
参考:RETRRIP


ではでは(・ω・)ノ



  1. 2018/09/16(日) 22:01:17|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

日帰りで佐久島まで

夏休み初日、佐久島まで遊びに行ってきました。


6時半のフェリーに乗るため4時半起き5時出発。
眠いよ。。。_:(´ཀ`」 ∠):

佐久島といえばアート!
コナンの映画とかでも登場してますよね。
見た順に紹介していきます。

佐久島西港に着いてまずはガリバーの目。


残念ながら鏡が割れていて巨人にはなれませんでした。。

続いておひるねハウス


平日なのとフェリー始発だったからか誰もいない!
晴れていてとても素敵な景色でした。

おひるねしてみる。


猛暑でしたが部屋の中はひんやり。
海を見ながらごろごろできました。


おひるねハウスでまったりした後は東港へ。
途中、仮面ライダーのベンチ。可愛い。


ノンとビリーにも会いました。


海水浴場まできて、カモメの駐車場


圧巻のカモメの大群。。
あっ奥にホンモノおる!!!


、、と思ったら鷺でした。ちぇっ。


東港の一大アートはやっぱりこれ。
イーストハウス。
おひるねハウスのちょうど対岸にあります。




ここも部屋の中はひんやり。
ひるねしよう。



主要アートは結構見れたけどあともう一つ足を伸ばして。
佐久島の宇宙基地/アポロ


ここも2階はひんやり。
建築系のアートはどれも海風を受けて日陰も確保できているのでとても快適でした。
我が家の庭にこんな隠れ家があったらな。。なんて妄想してみたり。


この時点で10時前。
近くのカフェで一休み。


サクカフェ、というところです。
食べログ

世界一周を2回したご夫婦が経営されているということで、話をお聞きしたかったですが叶わず。
残念でしたが座敷でオススメのかき氷を満喫。
暑くて溶けそうだったので体の芯から涼めました!


デザートが先になっちゃいましたが次はお昼ご飯。
鈴谷食堂で大あさり丼!


食べログ

東海地方に住んではじめてあさりがこんなに大きくなることを知りました。
そもそも関西ってそんなに貝食べなくないですか?
スーパーでもあさりってあんまり売られてないですよね?
初大あさりはじゅわーと旨味が染み出す美味しいお味でした( ´ ▽ ` )


人も増えてきたしちょっと暑すぎたので12時台のフェリーで帰ってきました。
佐久島の朝は人が少なくて本当におススメ!
アートを全部見て回ると1日楽しめそう。
ぜひ行ってみてください(^o^)ノ


ではでは!


  1. 2018/08/10(金) 20:44:22|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

【ひとり旅】種子島・屋久島 6/13_鹿児島

6月13日、種子島・屋久島旅の最終日です。
20時台の鹿児島空港発の飛行機まで、鹿児島市内観光をすることにしました。

お世話になりました!



高速船で鹿児島に戻ってきました。
桜島噴煙もくもく。



市内観光、まずは維新ふるさと館。


維新ふるさと館HP

幕末の薩摩藩について、西郷隆盛や大久保利通といった薩摩藩出身の人物についての展示がしてあります。
薩摩藩の教育や方言・風俗など明治維新そのもの以外の内容もとても面白かった。
個人的には大河ドラマで使用した衣装やセットの再現で紹介された篤姫のコーナーがよかったです。

しかし維新の傑物の扱いの軽さ。。笑





しかし入場料300円はありがたい。
もっと取ってもいいんじゃない??


あまりの暑さ(屋久島より暑い!)に避難。
天文館でしろくまを食す!




これはミニサイズ。1人前。
普通サイズは1~2人前だそうです。
結構甘いので私はミニサイズでちょうどでした。
ごちそうさまでした。


しろくまの後は西郷さんの銅像。
結構でかいです。



この後あまりの暑さに参って早々と空港に移動。
お土産を買って、22時過ぎに関空に戻ってきました。



ということで、、、。
種子島・屋久島のひとり旅でした。
今回は旅行というより「旅」ですね。
色んな人と出会って自分を見直す8日間でした。
今後の人生で何かに直面した時に思い出しては奮い立てるような、そんな屋久島滞在でした。
今度屋久島に行くときは、宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡まで縦走してみたいと思います。
一緒に行こうという人と、それを迎えてくれる場所があることに心から感謝です。


では、長々とお付き合いありがとうございました。
近日中にまた別の旅行についてもアップします!


naaaaanako

  1. 2018/07/04(水) 07:00:19|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

【ひとり旅】種子島・屋久島 6/12_宮之浦岳

さていよいよ宮之浦岳です。

旅の目的でもあった宮之浦岳登頂。
コースは淀川入口~淀川小屋~花之江河~黒味分れ~投石平~宮之浦岳~投石平~黒味分れ~黒味岳~黒味分れ~淀川小屋~淀川入口 のピストン。
当初は11日中に淀川小屋に入って12日スタートの予定だったんですが、他のゲストがレンタカー運転してあげるで!ということだったのでありがたく乗せてもらいました。
下山後のお迎えもしてもらって感謝です。


淀川入口は5時スタート。


しばらく歩いて淀川小屋に到着。


物干用ロープが張ってあったり、登山客が置いていっただろうガスがいくつかあったりとなかなか快適そうでした。

小屋をこえてどんどん進みますよー。


これはトーフ岩。
山頂の大岩が包丁で切られた豆腐みたい。笑



ここらからガスってきて視界まっしろ。。
写真が下山時のものの場合があります。

花之江河。


黒味分れ。


投石岩屋には巨大な岩がゴロゴロ。


投石岳・安房岳の中間地点で投石岳を振り返る。


栗生岳みえた!


栗生岳を抜けると宮之浦岳がみえてきます。



鹿ひょっこりはん。


急に現れたのでびっくり。
屋久鹿はかなり大きいです。
ただ人間を怖がらないし攻撃もしてきません。
のんびり待てば脇道に避けてくれました。

そして宮之浦岳登頂!


山頂だけ雲がかかっていて視界は残念でした。
この日は種子島宇宙センターでロケット打上げ予定があったのでもし天気良ければ山頂で見れるかなと思ったんですが、
予報では夕方まで山頂は雲がかかっていそうなので撤退。
まぁ4時間とか待ってられんしな。。。
ロケットは黒味岳山頂に賭けることにしました。


栗生岳までおりたら天気は回復していました。
せっかくなのでのんびり景色撮影しながら下山。

黒味岳についたのが12時ごろ。


宇宙センターの方向を確認してしばし休憩。
山頂は風が強かったので少し手前の登山道で本を読んで過ごしました。


そして打ち上げ予定時刻の13時20分。
直前に山頂に上がると予定時刻ぴったりに発射!


空にすーっと吸い込まれていきました。
音が届いたのが発射後1分半くらい。
結構な大音量だったので種子島で見たらすごい迫力だろうな。


ロケット発射の余韻を残しつつ下山。
15時前には淀川登山口に到着。
ゲストのお迎えでとまりぎまで帰ってきました。

この日の晩御飯は照り焼きチキン!
残りのカレーでミニ丼付きの豪華夕食。
うまうま( ^ω^ )とぺろっと食べてしまいました。




さてこんな感じで12日は宮之浦岳登山でした。
この旅も13日が最後となってしまいました。。
鹿児島からの飛行機に乗るので日中は鹿児島観光です。
次回記事もお楽しみに。


naaaaanako
  1. 2018/07/03(火) 09:20:45|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

【ひとり旅】種子島・屋久島 6/10、11

屋久島4日目。
前夜から台風が近づいていて朝から小雨。
この日はのんびりすることにしました。

ヴィキとファイが帰国するのでお見送り。
一緒に行ったゲストと宮之浦港周辺を散歩してお茶をして帰ってきました。
夕食の準備までただただのんびりゲスト同士で喋りながら過ごす。
ひたすら雨が降る降る~♪今日は1日何もしない~♪

夕食はカレーにしました。
近所のスーパーに行ってみると全然品物がない!
姉さんに聞くと台風などでフェリーが欠航になると商品の納入ができないんだって。
それを見越して近隣住人が食パンとか買い占めてしまうらしい。
さすがにカレールーとかまで品切れじゃなかったので助かった。



なんだか合宿みたいで楽しい。
私は野菜切って、お米も炊きました。
ちょっと固かったかな?と思ったけどカレーには固めだね!とみんなでたくさん食べてしまいました。


長期旅行中のゲストはみんな「与え人」でした。
自発的に作業をしたり食材を持ち寄ったり。。
それを互いに感謝してお返しする形で協力しあう状態が当たり前で、誰も威張ったり感謝してよみたいな態度もない。
その時その日を心地良く過ごせる空気がそこにありました。

書いてみるとなんだか当たり前の人付き合いのようですが、なんだかこれが私には新鮮で。
良い意味で依存心がないというか。自立しているというか。
肩の力が抜けてただただゆったり構えることが少しずつできるようになって、あぁ私疲れてたんだなって思いました。

夜は縄文杉に行ってきたゲストも交えて宴会。
これまで旅してきたところの話とか、これからどうするのかとか。
翌朝はやく出発するゲストには挨拶して私は早めに寝てしまいました。


翌日、屋久島5日目。
この日も天気は怪しげ。
屋久島訪問のもう1つの目的である宮之浦岳登山は翌日に延期して、この日も日がなのんびり過ごすことに。

散歩がてら近所のクリスタル岬へ。






向かって正面に種子島が見えます。
ロケット発射を見に行った子たちは元気かな。
まだ天気が悪いからロケット発射は延期かな。
岩を伝って行けるところまで行ったり、水晶探して岩をひっくり返してみたり。

暑かったので30分くらいで撤退!
元ゲストの働いているお土産屋さんを冷やかして、雨も降ってきたので昼前には帰りました。

また雨が止んだら出かけようか~と庭のベンチで取り留めのない話をしながら過ごしました。
学生のころ見たアニメは何?とかね。
それなりにジェネレーションギャップはあった。
ちょっと衝撃でお姉さん泣きそうです。。笑

雨が止んだらゲストハウスの隣の川で遊んだり。


お土産屋さんで買った屋久鹿ジャーキ食べたり。
サン、これ怪我人は噛めないよ。。。



夕飯は中華。


誰かが冷凍庫に残して行った牛肉と姉さんからもらったピーマンで青椒肉絲。
炊いたご飯が余ってたのでチャーハンも。
私もちくわを余らせていたので適当に炒め物。


夕食後は談話室に入って映画鑑賞。


もののけ姫はもう現地行ったしな!てことでなぜかシンゴジラ。
我ながらなんでシンゴジラ。笑
皆でツッコミながらワイワイ鑑賞。


今回はなんだか思い返してただ羅列したような記事になっちゃいました。
翌日はいよいよ宮之浦岳登山です!
写真たっぷりめで書こうと思おうのでお楽しみに。


naaaaanako
  1. 2018/07/02(月) 07:00:26|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nanako

Author:nanako
1歳の黒猫と暮らしています。
旅と登山が好き。
小麦と蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01より世界一周旅スタートの予定!
日々のこと、登山記録、旅の準備など徒然に書いていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
国内旅行 (16)
海外旅行 (4)
登山 (10)
世界一周準備 (5)
グルテンフリー (2)
映画 (1)
ねこ (1)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR