FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中

【ベトナム】ディエンビエンフー観光、ご飯がおいしい

ベトナム最後の都市、ディエンビエンフー。
インドシナ戦争でベトナム独立軍とフランス軍との最激戦地となったこの街では、
観光の多くはその戦争遺跡や記念碑です。


まずは到着当日の夕方。
D1の丘にある勝利の記念像へ。


でっかい!


ディエンビエンフーの戦いでの勝利の50周年を記念して建てられたそう。
町の中心にある高台に位置していて、ベトナムにとっての大きな意味を感じます。


ディエンビエンフーは山と棚田に囲まれた平野にぽつんと現れた町でした。

どこからベトミン軍が大砲で攻撃してきたんだろう。。


続いて滞在二日目。
A1の丘。


入ってすぐ、フランス軍とベトナム独立軍の戦車や武器の展示があります。




これだけ比較するとベトナム独立軍の兵器の弱々しさが。。


坂を登って激戦地跡。
朗らかな公園のような雰囲気でした。



ベトナム独立軍により破壊されたフランス軍の戦車。


塹壕跡。
深さは私の身長くらいはありました。



ベトナム独立軍が960tもの爆弾を爆発させた場所はクレーターのようになっています。



この奥を行くと塹壕跡に入れるようになっていました。


さらに奥まで続いているようです。
これは高さが私の身長160cmでギリギリ屈むか屈まないかくらい。


横に逸れるような感じでトンネルも掘られていました。
これは完全にしゃがまないと通れないくらいの高さ。



ベトナム戦争でもそうですが、縦横無尽にトンネルを掘っていたというのは本当なんですね。
絶対に空気はこもるし雨降った後はえらいこっちゃやしで、
ベトナム軍てまじクレイジーやな、、となりました。
(確かツチではトンネルに入れるツアーとかもありますね。)


A1を見学したあとはディエンビエンフーの戦い歴史博物館に行ったものの休館日。
ド・カストリーの総司令跡へ。






中はひんやりしていましたが雨季の高温多湿はフランス軍、辛かっただろうなあ。。




観光はこれくらい。
バックパッカー以外の日本人は歴史好きな人くらいしか来ないのかも。
ちょっとこれだけだと全然ブログ面白くないので小話をいくつか。


小話1つめ。
A1へ向かう道、朝は宝くじ売りのお母さんたちでいっぱいでした。
写真の手前も奥も数メートル感覚でずらっとパラソルが並んでいます。




見させてもらうと1枚は2000ドンとか5000ドンとか。
開封すると中に数字が書いてあって、それが当たり番号と一致するかで賞金があるようです。
日本の宝くじと同じで下一桁が一致するものから全桁一致するものまで。
最大賞金が8000000ドン、日本円で4万円。
ベトナムの物価を考えるとかなり夢のある額。

しかしタイもベトナムも、みんな床はゴミ箱です。
掃除を職業とする人がいるのかもしれないです。


小話2つめ。ご飯が美味しかった話。




むっちゃ食べさしですみません。。
地元のご飯屋さんでショーケースのおかずを指差し注文すると
ご飯(どんぶりに盛り盛り!)とスープ(これもどんぶりに盛り盛り!)とサーブしてくれます。
これが本当に美味しかった!
ライスペーパーで具を巻いて揚げた春巻や青菜でひき肉を包んだもの、
鶏の骨肉の煮込みや白身魚の揚げ焼きなど。
とくにスープが美味しくて、これをご飯にかけてお茶漬け風に食べます。
写真で2人分。むっちゃお腹いっぱい食べれます。
少しお高いけどハノイでフォー食べ飽きちゃって最近はこれがお気に入り。


と、小話2つでした。


これでベトナム縦断はおわり。
明日はいよいよラオスに入ります。
そのバスもおそらくマイクロバス、しかも11時間(*予定)。
しんどそうですがまた国境越えもあるのでおもしろそう(・∀・)
またブログ書きます!!

  1. 2019/02/09(土) 07:00:30|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】サパからディエンビエンフーへ

絶景のサパに後ろ髪を引かれながらも脱出。
次はラオスとの国境に近づくためにディエンビエンフーに向かいます。

サパのとあるホテルで手配したバスは朝8時発。
ホテルに迎えにきたのはマイクロバスでした。


すでにほぼ満員。床には食料?ダンボールがぎっちり敷かれています。
踏んじゃっていいよ~と言われたのでガシガシ踏んで一番後部座席へ。
そして私たちのザックはまさかの天井の上。
まさかアジアで早々に天井に乗せられるとは思わなかった。


ぎっちぎちの車内。


車は前日に見に行った滝を超えて山道を進みます。
舗装されているけどたまに段差で座席でびよんびよん跳ねる私たち。
その横を少数民族の人たちがバイク2人乗りとか3人乗りでぶいぶい抜いていきました。

そのうちウトウトして、10時ごろに停車。
Googleマップをみるとライチャウという町についたよう。
ん?2時間かけてこんだけ?ていう距離。
トイレ休憩かな~と思っていると「ディエンビエン!」と呼ばれ、バスを乗り換えるように指示されます。


えっ直通じゃないんかーい。

左のバスから右のバスに乗り換え。
乗り換え先のバスは添乗員のおばさまが英語は話せず、
「ディエンビエン?」「ディエンビエン!」と確認するだけ。
(そういえばバスの添乗員さんはみんな「ディエンビエンフー」ではなく「ディエンビエン」と言います)
バス予約票とか一切見ないけどこういう乗り継ぎするもんなのかな。。


乗り換えて10分くらいでこのバスも出発。
座席は7割くらい埋まっている状態。
バスを乗り換えたのは私たち以外にもう一組のカップルだけでした。

走り出して10分ほど。。停車。


なんでやねーーん。

どうやら乗客?積荷?を待っているみたい。
乗客みんなバスの外に出てタバコを吸ったりして自由に過ごします。
ドライバーものんびり。



そういえば!バス正面の写真見てもらうとわかりますが、
「ライチャウ→ディエンビエンフー」って書いてますね。
たぶん乗り換え前のバスにも書いてあったんでしょう。


待ち時間中に乗り換え組のカップルと少し話して、
「何時に着くか知ってる?」と聞くと、
「同乗の男性が4、5時間て言ってたけど遅れてそうだね」とのこと。

ちなみに女性はラオス出身みたいでした。
私たち含めまわりの乗客にお菓子をくれたりして、優しい人当たりの良い人でした。


ちょっとして乗客が来たのか荷物が来たのか、再出発。
道は少しずつ山に入っていって、窓から山々や牛の長閑な風景が見えました。
このへんもサパほどではないですが棚田が広がって綺麗だった。


そしてまたウトウトしたころ、、、


はい、休憩~~~。

なんでやー!!!全然進んでへんし説明一切なしーーー!!
添乗員のおばさまがさっさと降りてすぐ横の売店でフランクフルトとか食べ始めるのでもうよくわかりません。笑
これはもうお昼休憩とか存在しないかもしれない。。
私たちも売店でジュースとポップコーンをゲット。


ちなみに両方超甘かった。


ポップコーンを食べながら待っているとタクシーが横付けされて、
降りてきた5人くらいの男性がバスに次々乗り込んでいく。
あ、これほぼ乗合バスってことですねーーーー。。つらい。
結局、道中常に誰かを降ろして乗せてでほぼ満員でした。
逆にこんなに常に満員状態にできる運転手さんと添乗員のおばさまの手腕に関心するくらい。


その後また14時ごろに休憩が1回ありました。


これは確かムオンレイという町でした。
山の谷間に大きな川が流れていて、それが綺麗な緑色で印象的でした。


ここからディエンビエンフーまでの景色がとても綺麗だった。
川に小舟を浮かべて漕いでいる人がいたり、棚田で働く人がいたり。

ここらへんは緩い傾斜に広く棚田が作られていて、
サパより標高が下がって二毛作とか三毛作ができるのか棚田にはたくさん苗が植えられていて
そのおかげで青々とした棚田が一面に広がる世界。
サパとはまた違ってとても綺麗な景色だった。

車がガタガタして写真うまく撮れない、、


そんなこんなで16時半ごろ無事にディエンビエンフーのバスターミナルに到着。
まさかの8時間半かかりました。。疲れた。。。。




と、ここでロシア人女性が話しかけてきました!!


実は今朝出発したホテルで忘れ物のパスポートの運び屋をお願いされていました。


このホテルか別のホテルかわからないけどレセプションにパスポートを預けたまま出発してしまったのかな?
(ベトナムは宿泊先にパスポートを渡したりコピーを取らせたりします)
え、こんな大事なの預かっていいの?となりましたが
私たちの宿泊予定のゲストハウスやメールアドレスを伝えてもらって、
最悪ゲストハウスでwi-fi拾って連絡取り合えば良いかな、と請け負いました。

到着時間もわからないのにバスを降りてすぐ声をかけてくれたこの女性。
ロシアのサンクトペテルブルグ在住のオルガさんでした。
「ありがとう!本当に助かった!!」と何度も言って、お礼にミサンガを結んでくれました。
今年11月にロシア行く予定だと伝えて、またね~!と別れました。
このあと宿泊先のゲストハウスに行くと「友達がきてたよ~」と言われたので
結構早い時間から待っててくれたみたいです。
とりあえず無事渡せてよかった。


予定外に長い時間、狭いマイクロバスに乗っていたのでちょっと疲れましたが
無事ディエンビエンフーに到着しました。

ディエンビエンフーといえばインドシナ戦争でベトナム軍とフランス軍との最大の激戦地となったことで有名。
ベトナム史をざっくり勉強した時に知った地名で、この度では寄る予定もありませんでしたが
まさかまさかこうやってたどり着くことになりました。
全然予定通りに行きませんが、旅って楽しい。

ディエンビエンフーでは2泊して、いよいよベトナム縦断は終了。ラオスに抜けます。
また食べたものや見たものをインスタやブログに書こうと思います!みてね。

続きを読む
  1. 2019/02/09(土) 01:03:27|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】サパをバイクで行く

サパ2日目。
ゲストハウスでバイクを借りて、周辺の少数民族の村をぷらぷらしてきました。


ベトナムではバイクの返却時にガソリンを満タンにする必要はほぼ無いですが、
今回は借りた時と同じくらいまで入れといて!といわれたのでとりあえずガソリンスタンドへ。


まさかの大混雑でした。笑
少数民族の人も民族衣装でバイクに乗って並んでます。

なお、、サパにいる少数民族の方は大概がバイクでやってきます。
2人、3人乗りで民族衣装をキラキラシャラシャラさせながらやってきます。
スマホも持ってるし違和感バリバリな現代感です。





給油完了してまずはカットカット村。
サパから一番近くて観光客も多いです。

村はまるでディズニーリゾートばりの整備され具合。
村の中心部は重点的に書いてもしょうがないし面白みもないので割愛。
ただこんな生活してますよ、という展示は良かった。
魚籠とか置いてあるから魚も食べるのかな、天井に干してるトウモロコシも食用かな、とか
説明がベトナム語だけなのでちょっとよくわかりませんが生活を想像できる感じが楽しい。


カットカット村を通り抜けさらに進むとあっという間に静かなエリアへ。
牛や馬が休耕中の棚田で草を食み、子供が無邪気に遊ぶ風景が見られました。







谷の道をずっと橋まで走ってきました。


さらに進むとSilver waterfallという滝があって、そこまで見て帰ってきました。
帰りに道路沿いに露店を開いてた少数民族のお母さんから果物を買う。


小粒の梨か林檎のような果物でした。
砂っぽくて乾燥しているサパではとても美味しい。


さて、一度サパに戻ってお昼を食べてから、次はタバン村へ。
くねくねだし穴ぼこだらけでバイクは下手しいパンクしそうな道を進みます。
私ぜったい運転できない/(^o^)\旦那運転ありがとう/(^o^)\

ただ、この道中が本当に素敵だった!!










緩い傾斜に細かく作られた棚田。
目に入る全ての範囲でこんな風景が広がっていました。
水を湛えた棚田もあって、ちょうど陽の光があたってキラキラととても綺麗。

これは帰りに別のルートを通った時。






近くで見ると棚田は小さいもので人ひとりが歩ける幅くらいのものも。
少し離れてみると山の斜面をそのまま棚田にしているのもわかります。

この細かな棚田のひとつひとつに苗を植えて雑草を抜き、稲を刈るのはどれだけ大変だろう。
最近は重機でガーっと作っていそうですが、かつてこの辺りに住んでいた人が
少しずつ少しずつ開梱していって、村までの往路でみた景色担っていると思うと
果てない時間と人間の強さに感動してしまいました。


村観光はこれでお終い。
あとは駅周辺でバッタもんのノースフェイスとかを売っている店をいくつか冷やかして、
駅前広場にいったところで少数民族のおばちゃんが近づいてきた!ロックオンされてる!笑

翌日の少数民族の村のトレッキングに誘われたけど朝には発つんだ、というと
お土産買いなよ~と言ってくる。
このお母さんは英語が堪能で、ただ買え買えいうだけじゃなくていろいろ教えてくれた。
サパ周辺にはモン族などいくつかの少数民族があって、
それぞれが自分たちで刺繍を施した鮮やかな衣装を着ている。
周りにいた少数民族を指してあれは何族、あれは何族とも教えてくれました。

あと、みんなそんなに裕福じゃないから
サパにハンドメイドの商品(刺繍)を売りにきている。
(まぁダイレクトにだから買って♡てことなんだけど)

「私も村から50キロかけてサパまできてるんだよ!」というので
「え、バイクでやろ?」と聞くと
「そう!バイクで!!あはは!!!」と爆笑してた。
後ろにいたお父さん?も爆笑してた。
開き直りっぷりが潔くて私も爆笑した。

綺麗に刺繍を施した肩掛けカバンをいくつか出して見せてきたけど、
私がこれ好きだなって思ったやつはお母さんが使っているやつだけ。
「これほぼ新品だから!(almost new!!)2、3日しか使ってないで!」というので
それも面白くて旦那に買ってもらった。

あまりに私の顔が死んでいたので。。

お母さんとお父さんはこのあとすぐバイクにまたがって帰って行きました。
超笑いながら手を振ってくれました。笑
50キロだもんね。バイク乗ろう。

ちなみにこの肩掛けカバン、口にファスナーついてるし、
インナーポケットにもファスナーが付いてるので使い勝手が良さそう。
裏地にびっしりと表と同じように模様が浮かんでいて、本当に刺繍してる綺麗な品です。
Almost newだしね!ほぼ新品だしね!嬉しい!



ということでサパをバイクでうろうろした話でした。
少数民族宅にホームステイしてトレッキングするのも楽しいと思うけど、
バイクで少し離れたところの景色を見に行くの、おススメです。
ただしバイクの運転スキルはかなり高めに求められます。
後部座席に1日乗ってるとお尻が痛いです。泣


絶景のサパは残念ながら2日でさよなら。
翌日はバスで国境付近の町、ディエンビエンフーに向かいます。

  1. 2019/02/08(金) 07:00:31|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】サパで圧巻のライスフィールド

サパ到着当日。
せっかくサパに来たのでベトナム最高峰のファンシーパン山に登ってきました。

登ったと言っても登山鉄道とロープーウェーを使って。
チケットはサパ中心部にある駅で購入します。


1階がチケットオフィスや登山鉄道乗り口、
2階はショッピングセンター、3階はレストランでした。


チケットは登山鉄道とロープーウェイを合わしてひとり750000ドン。
日本円にして4000円弱。交通費意外ではこの旅一番の出費??


ちなみに登山鉄道の代わりに駅すぐ近くのサパ教会前からバスも出ているそうです。
テトだったので運行していたかはわかりませんが。。バスのがちょっと安い。


登山鉄道にのります。




うしろ


進行方向


進行方向左手にはライスフィールドが見えてきます。



中継駅はガラス張りの綺麗な建物。
ここからロープウェイ乗り場まで少し歩きます。




ロープウェイ乗るよ


2、30人乗れそうな超大型ロープウェイでした。
ラッキーなことにふたり占めできました。

このロープウェイは2016年に開通。
全長6292.5m、出発/終着点標高差は1410m。
開通当時はギネス世界最長のロープウェイだったそうです。
このロープウェイがとんでもなかった!!


ロープウェイから見えるのは眼下一面に広がるライスフィールド。
本当に表現しきれない私の撮影スキルが憎い。















6km超のロープウェイなので乗車時間もめっちゃ長いです。
ライスフィールドを抜けたあともひたすら登り続けます。



駅に到着。
気温な駅構内の室温計で15度。
風が吹かないと晴天なので結構暖かい。

駅を出るとテラスがあり、


サパ方面を見下ろせます。




標高3000m級。
空の青さが一昨年に登った奥穂高岳のような深いブルーでした。
あー高地にいるな、と感じる深いふかい青。


ここから山頂まではケーブルカーに乗ることもできますが、私たちは歩き。(ケチ)
600数段あるらしい階段をえっさほっさ登ります。







酸素が薄いのですぐ息切れする。
これ登山とかで高地運動に慣れてないと相当しんどいと思います。
歩くだけならまだ大丈夫だけど、ちょっと話してるとすぐ脳内酸素が減っていく感覚。


山頂までの階段から振り返る。




まるで今自分がベトナムにいるなんてことを忘れそうな風景です。
別の世界にでも飛んできた気分。


そしていよいよ山頂。






山頂の国旗が高すぎて私のカメラじゃ全然入りません。笑


山頂からの景色は360度どこをとっても絶景の一言。
おりようと思っても中々足が重く、結局かなり長居をしてしまいました。
山頂でおりるかーとなってからロープウェイに乗るまで2時間くらいかかった。まじで。


帰る頃はサパの方面は薄くガスがかかってしまいました。
残念でしたがまたロープウェイで圧倒的なライスフィールドの景色を満喫して帰りました。


テトに振り回されて予定街に訪れたサパ。
偶然に出会った景色ですが、この旅一番の感動でした。
日本からはハノイ→ラオカイ→サパと乗り継いで来る必要がありますが、
その距離と手間を持ってしても来て見て欲しい景色です。

ベトナムは平野部であれば二、三毛作が可能ですがサパは高地のため稲作は1年に1回のみ。
2月は稲刈りの終わった休耕地です。
それでもこの美しさと感動なので、苗を植えた頃や稲穂が実る頃はさらに綺麗かもしれません。
またそんな季節にも来てみたいなぁと思います。

  1. 2019/02/08(金) 00:32:40|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】ベトナムでテト(春節)にガッツリ巻き込まれた話③

テト巻き込み事故続き。

①②でやっとこさホーチミンからハノイにやってきた私たち。
次はいよいよラオス、ルアンパパーンへ抜けるぞ!とバスの手配を始めました。
ハロン湾ツアーを申し込んだ旅行代理店で聞いてみると、
「ラオス行きは2月6日まで休みやで」 *この日は2月2日
といわれました。えっだいぶ先ーー!!


他の旅行代理店でもそうなのかな?とも思いましたが、
過去にハノイからルアンパパーン行きのバスを日本人宿で買っている人をネットで見たので、
そこに行ってみよう!となりました。
→ハノイ旧市街にある日本人宿、はっぴーはうす へ。


宿のお母さんにラオス行きたいねん、、と言うと
旅行代理店と同じく直通は6日まで休みですよ、とのこと。へぇぇぇ_(┐「ε:)_
テトの期間でも特に4日5日あたりはバスが運休になってしまうそうな。
日本でいう元旦が旧正月の場合は2月5日に該当するそうです。

他にラオスに抜けるルートをいくつか教えてもらいました。
北部ルート
・ハノイ→(ハジャン→)サパ→(ディエンビエンフー→)ラオス

南部ルート
・ハノイ→モクチャウ→ディエンビエンフー→ラオス

ハジャンは中国との国境付近にある山岳エリア。
ゲストハウスを起点にレンタルバイクで1泊2日で山岳地帯をぐるっと回るのがおすすめ。
山の景色の綺麗さがおススメ。

サパはライスフィールドが有名、ルアンパパーンへの直通観光バスもあるはず。

モクチャウはベトナムの田舎町。のんびりするにはもってこい。


北部、南部どちらのコースを取ったとしてもどこかでバスの運休で1日は停滞する見込みです。
私たちふたりはハジャンの山を見に行くのがいいかもね、となり
そちら方面に向かうバスがないか調査。。


お母さんに教えてもらったのはこのサイト。
https://vexere.com/en-US

ベトナム国内のバス路線の検索、予約ができるサイト。
予約が電話のみの場合でもいったん各バス会社ではなくこのサイト運営会社に繋がるため、
「ENGLISH!」を連呼しておけば英語スタッフに繋いでくれるそうな。笑

ただ、このサイトで検索して実際にお母さんに電話でも確認してもらいましたが、バスは全滅。
もうこれはハノイで停滞するしかないか、、と正直諦めムード。
(ちなみにハノイの正月はアオザイを着た人がたくさん街に繰り出してかなり華やかなんだとか。)


もうアカン、となりかけた時にお母さんが「あっ!!」と叫んでPC検索してくれたのがこれ。


ハノイ発、ラオカイ行きの寝台列車!!
ラオカイからローカルバスに1時間でサパに着くので、そこで正月は停滞して
ルアンパパーン行きの観光直通バスを探せばいいじゃん!!!ということに。


結局選択肢はこれしかなく、都会の人混みに居るよりサパに行こう!となりました。
ついでに教えてもらった美味しいご飯屋さんなんかを通って、ハノイ駅へ。



窓口をいくつかまわらされたあと、無事チケット購入できました。
4人部屋上段、385000ドン。
4人部屋下段→2人部屋と値段は上がるようです。


これで一安心。


ちなみに実際の寝台列車はこんな感じでした。
駅は2階の改札から入って7番ホームへ。






すでに電車は停車していたので乗り込みます。





ベットは意外と広いし布団もしっかりあったので寒くありませんでした。
下段は中国人カップル。


私たちはすぐ寝付いてしまってあっという間にラオカイに到着。





ここからサパまで30000ドンでローカルバスが出ているはずが、これもテトで運休。
タクシーやバスの客寄せが群がってきます。。
結局駅で販売していたバスのチケットを購入。46000ドン。またテト。。
客寄せしているタクシーやバスだと50000ドン以上だったので安心と安さでOKとします。


このチケットも一度は満員だと購入拒否されたものの、
頑張って2人分他の乗客を詰めさせて乗せてくれました。乗れてよかった。。

ローカルバスはくねくねした道をゆっくり進むこと1時間。
無事サパに到着しました。ここでゆっくりしよう。。


と、テト巻き込み事故第3弾でした。
ざっくりまとめると3つですが行きたかった飲食店が閉まっていたりと
かなりテトに振り回されるベトナム縦断となりました。
そのかわりに予定外の観光や経験はできましたけどね!
特にサパには予定外に寄れて本当に良かった。また別でブログ書きます!!

  1. 2019/02/07(木) 01:17:44|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (6)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR