FC2ブログ

type2102

予防接種してきた

突然ですが来年1月より世界一周の旅に出ます。
その準備の一環で予防接種をしたので今後世界一周を検討している人の参考になるかもということで、簡単ですがまとめてみようと思います。

接種候補は以下の通り。
・破傷風
・黄熱
・A型肝炎
・B型肝炎
・腸チフス
・狂犬病
・日本脳炎

それぞれ接種回数や複数回接種の場合のインターバルがあって、厚生労働省検疫所のHPがまとまっていてわかりやすいです。
厚生労働省検疫所

ただ日本は予防接種が割高。
一部をタイで接種することにしました。


世界一周をした人のブログなどを見て、まずは名鉄病院の予防接種センターに相談をしました。
メールでも問い合わせができます!
とても迅速に対応いただき1日以内に返信をいただけました。
名鉄病院 予防接種センター

問い合わせ時には渡航先、渡航期間、渡航者について(年齢など)を合わせて伝える必要があります。
私はこれ以外に一部の接種をタイで行いたい旨を添えて、接種すべきものとスケジュールの相談をしました。

結果、回答頂いた接種候補とスケジュールは
【1回目】
・A型肝炎・B型肝炎混合 1回目
・4種混合
・日本脳炎 1回目
・抗体検査

【2回目】(4週間後)
・A型肝炎・B型肝炎混合 2回目
・日本脳炎 2回目
・抗体検査結果での不足分

【3回目】(半年後、タイにて)
・A型・B型肝炎混合3回目
・腸チフス
・狂犬病 1回目
・黄熱

【4回目】(4週後、タイにて)
・狂犬病 2回目

このようになりました。

私の年代(1988年生)だと破傷風単独接種は副反応が大きく無意味だそうで、4種混合の接種になりました。
また日本脳炎は国産ワクチンが1番安全ということで、日本国内での接種をオススメされました。
値段についてもこの時点で教えてくれました!
ありがたや~ということで予約不要の木曜午後に行ってきました!

***
院内な患者さん、病院関係者のプライバシー保護のため撮影やSNSへの投稿は禁止です。
写真がなくて文章ばかりのブログですがご了承ください。
***


まずは2階総合受付で受付。
そのまま4階に案内されるとカルテが連携されているようで、しばらくすると名前を呼ばれて問診票の記入をしました。
母子手帳など過去接種記録がないか聞かれます。
私は母子手帳を失くしてしまっていましたが特に問題はなかったです。
母子手帳などがある場合は接種記録も記入します。

そのあとはしばらく待ち時間です。
平日ですが結構な人がセンターに来院していて、3時間近く待ちました。疲れた。。。

診察室に呼ばれては改めて渡航先や期間の確認をして、タイでの接種を含めスケジュール再確認。
事前にメールで相談した通りのスケジュールになりました。

そのまま続けて接種。
輸入ワクチン使用の同意書にサインをして、3本順番にブスブス注射されました。
予防接種はすべて筋肉注射。
肩?というか二の腕上部?に注射針の根元まで直角にぶっ刺されます。


:(;゙゚'ω゚'): いたいいたいいたいいたいいたいいたい!!!!


注射自体も痛いけど、直後からじわじわと腕が痛い。。(´;ω;`) 泣

このあと別の階で抗体接種用の採決をして、次回接種の予約をしてこの日はおしまい。
会計は専用の機会で行います。
ハイテクやなぁ(・ω・)
各種クレジットカード使えます!

ちなみにお値段は
・抗体検査 5200円
・4種混合 10300円
・日本脳炎 6500円
・A型・B型肝炎混合 14000円
でした!


予防接種の証明書はこんな感じ。 *帰宅後撮影
右上に生年月日と名前(ローマ字)の記入欄があって、タイでの接種もこれを持っていけばOK。




ということで予防接種1回目についてでした。
2回目は8月下旬。
またあの痛いの打つのか・・・(´・ω・`)
抗体検査の結果ふくめまたレポします!

それでは( ´ ▽ ` )ノ
  1. 2018/07/31(火) 09:42:08|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

ブログ若干修正しました。

真夜中にこんばんは(=゚ω゚)ノ
なんだか寝れずでほんの少しですがブログをいじりました。

1、ブログタイトルを変更しました。
 サブタイトル含め記事内容と合ってない感じがしたので思いきってドメインに合わせました。
 メインは旅行記録、山行記録、世界一周旅行(18年内は準備)についてです。
 それ以外にも読書記録や映画鑑賞記録、飼い猫についても書いていくつもりです。

2、twitter埋め込みました。
 PC版の画面右側ちょっと下にTwitterウィジェットを埋め込みました。
 ぼそっと呟きます。山行ったときとか。
 いつもブログにまとめるまで少し時間がかかるのでタイムラグがちょっと減ればいいかなと。

まだまだ改善していきますが、今後ともよろしくお願いします。
近々山行記録や世界一周旅行準備の記事をアップ予定です!
  1. 2018/07/31(火) 01:34:42|
  2. はじめに
  3. | コメント:0

【北アルプス】唐松岳、五竜岳_0721-22

夏山シーズン始まりましたね。
先の週末で唐松岳、五竜岳に登ってきました。

ルートはこんな感じ。
1日目
八方尾根スキー場駐車場→八方池山荘→唐松岳→五竜山荘
2日目
五竜岳登頂後大遠見山・地蔵ノ頭経由でアルプス平駅

当初はリフトを使って八方池山荘スタート予定でしたが、混んでたのでえいっと登ってしまいました。


写真切れてますが右手に乗り場があります。
ザリザリの砂利道と傾斜きついアスファルトでここが結構つらかった。。。

八方池山荘到着のころは汗だく。


連日の猛暑から逃れられるかなと思いましたが全然だめ。
この2日間はどれだけ登っても暑くて暑くて。。
夏山ってこんなに暑くて辛かったっけ。。てなりました。

山荘から少し上がったところ、白馬方面はちょっとガス
かかっていました。


八方池到着!


ガスかかってますが立派な鏡張りが見れました。
ここで写真撮影込みの小休止。


八方池を過ぎても登山客はどんどん増えて大行列です。
休憩ポイントの雪渓も人だらけ。


大きなアップダウンもなく歩きやすいルートです。


ただ約1ヶ月ぶりの登山でテント泊装備は思ったよりしんどかったです。。体力の衰え_:(´ཀ`」 ∠):
どんどん登って鍛えなければ。

11時くらいに唐松岳頂上山荘に到着。


荷物をデポして唐松岳山頂にアタック。


ちょっと走って15分くらいで登れちゃいました。
剱岳も白馬岳も見えるし眺望のある良い山でした。


山荘に戻ってお昼ご飯を食べて出発。
さっそく鎖場が続きます。
あんまり写真がない。。


個人的にここヘルメット推奨。
足場が滑りやすくてちょっとスリリング( ^ω^ )

鎖場を抜けるとぐっと標高を下げてまた登り返します。






ここがダラダラと長くてしんどかった。。
むしろガスってくれて良かった。
ピーカンの晴れだったら暑さでダウンしそう。
唐松岳ピークへのピストンで走ったせいか徐々に足がパンパンになってきて五竜山荘に到着するころにはぐったり。

山荘着いた~あぁぁぁぁ。


テン場はすでにテントでいっぱい。
みんなもっと詰めて張ってくれたらいいのに。。
この日は小屋も超満員だったみたいで布団は1枚で2人以上ですよ!て案内が出ていました。
唐松岳山頂小屋ですでに五竜山荘でドリンク購入不可の案内がありましたがそれは大丈夫でした。
お酒はビール、日本酒、ワインと結構揃っていたし、ソフトドリンクは水とお茶、ポンジュースがありました。


五竜岳も徐々にガスが晴れて全景を見せてくれました。


どっしりした格好いい姿。
このあとまたガスに包まれてしまいました。


1日目はこれで終わり。
19時くらいに仮眠して深夜2時ごろから星を見てました。
月も沈んでガスも晴れて満点の星空!
天の川も五竜岳にかかるように見えて最高の景色でした。

日の出前には五竜岳にもたくさん登っていきました。


日の出直前にガスが出てきたのでテントに戻って朝ごはん食べてテント撤収準備。
荷物をデポさせてもらって五竜岳登頂します!

ガスがちょっと晴れてきてブロッケン見えた。


ちょっと登ったところで唐松岳、白馬岳方面。
天気良くて眺望は最高!


山頂までのルートはだらだらと登ったあとに岩場が続きます。
下から見るほど急な斜面はありません。
ちょうど1時間くらいで山頂到着。


鹿島槍ヶ岳方面


唐松岳、白馬岳方面


八ヶ岳、富士山、南アルプスも見えました。
360度全方位晴天!やっと晴れた!!
ただ標高2800mなのに暑い!夏か!(夏やで)
ちょっと今年の夏暑すぎませんか。。
全然夏山登山が避暑にならない。。。


しばらく山頂でまったりしてから下山。
五竜山荘はヘリが来るらしく荷物の準備中でした。


使用済みプロパンとかペットボトルごみとか。
山荘の存在って本当にありがたい。
購入品のごみは引き取ってくれるけどそれも皆持ち帰るルールにしちゃっても良いのにね。

ヘリの荷物回収を見たかったけどどう時間がかかりそうなので下山開始。
振り返って見る五竜岳もかっこいい。


標高がどんどん下がるのでどんどん暑くなります。
たまに雪渓が崩れる音がしてました。
地獄や。。下界とか暑くて死んじゃう(´;ω;`)




ちょっとガスってきてむしろホッとする。
ずっと下りなので足もしんどくなってきます。
コースタイムあまり巻けずでしたが無事ゴンドラ駅まで到着。


お高いけどゴンドラのるよ!(´;ω;`)


乗り口で冷たいおしぼりをいただいた!
ありがとうございます!まじで生き返る(´;ω;`)


そんなこんなで無事下山しました。
思った以上に体力が落ちててちょっとしんどかったですが眺望に恵まれたし満点の星空だったし大満足。
お風呂に入ってご飯食べて帰宅しました。

ちなみに晩御飯は「ごはんバー」なる素敵なネーミングのお店で。
米好き小麦アレルギーには最高の店名だと思いませんか?笑


店内もバーカウンターがあったりアイアンの椅子やテーブルがあったりと素敵空間でした!
山賊焼の定食にしましたが写真も忘れて無心で食べてしまった。
ご飯がプラス料金でトマト丼にできて、それがまた美味。
またおうちで真似できないかやっってみよう。



ということで今年初の山行記録でした。
また夏山登山レポします!
では!
  1. 2018/07/25(水) 12:21:52|
  2. 登山
  3. | コメント:0

【ネタバレ】ジュラシックワールド観てきた

ひさしぶりに映画を観てきました。
公開したばかりのジュラシックワールド!


洋画は字幕派ですが、今回は4DX3Dなので吹替。
学生時代に3Dで映画を観たときは目が痛いし頭もグラグラするしでつらかったけど今回は意外と平気でした。
まぁ前回の3D鑑賞が10年近く前だしな。。。


以下盛大にネタバレを含みますが感想をつらつらと。
4DX3Dについて
・シートべルト!シートベルトください!!
・恐竜の逃走シーンは4DX3Dで迫力満点!!!
・ただサーチライトは4DXいらんかな。。
・噴煙とか土煙も4DXいらんかな。。
・さすがに釘打ちまでは4DXいらないよ。。。

ストーリーについて
・オーウェンがダイハードばりに死なない。
・えっ溶岩でジュッ🔥てなったくない?
・って走れるんかい!鎮静剤どうした!!爆笑
・島のシーン一瞬で終わるやんけ。。。
・タイトル原題と和訳違うやん。(今更)
・和訳タイトルじゃ島で話が終わると思うやん。
・新種がエスパーすぎて勝てる気がしない。
・ブルーは毎回思わせぶりに去っていく。
・最後そうくるかーーー(・ω・)
・えっこれどうやって次作で完結させるの?(・ω・)


以上。


4DX3Dはところどころツッコミどころは満載でしたが総じて迫力満点で良かったです!
地面の揺れとか水飛沫がとても効果的な表現になるね。
他地域のシアターでは熱効果もあったらしく。。
そっちで見たらもっと凄かったかもしれないです。


映画自体では今作品の特徴は2つあると思います。
1つ目は陰鬱な雰囲気であったこと。
ジュラシックシリーズって映画冒頭でテーマ曲が流れて観客みながわくわくするイメージでしたが
今回はオープニングでの大々的なテーマ曲使用はなし。
種の存亡やクローンなどテーマが陰鬱で、どちらかというと絶望感のあるスタートでした。

2つ目は恐竜を閉じ込めずに終わった作品であること。
これまでのシリーズでは脱出して終わりだったり恐竜が街に解き離れても捕獲したりとハッキリした結末が多いですが、
今回は恐竜との共存でぼんやりと終わっています。
シリーズとしてこういう流れは大いにあり得ることなので批判の気持ちは無いです。
しかしなんぜタイトル和訳「炎の王国」よ。。。
なんでこんな和訳にした。。。本当につまらんぞ。。。



ということで映画感想でした。
映画館行くとまた観に行きたくなっちゃうなぁ。
秋に観たい映画があるのでまた感想あげます♫


ではでは。



  1. 2018/07/19(木) 09:25:39|
  2. 映画
  3. | コメント:0

【おんな二人旅】ダナン_06/22

ちょっと間が開いてしまいました。
ダナン旅行最終日です。

この日は帰国のみ。
朝ごはんはホテルから出てお外でフォー。
この日はチキンにしました。うまー( ´ ▽ ` )



その後はFちゃんのお土産購入に付き合って、カフェでベトナム式コーヒーを堪能。


練乳の上にコーヒーをドリップして、アイスの場合は氷を入れて冷やします。
サイゴン式コーヒーというのもあってこちらは背の高いグラスに氷をたっぷりいれったミルクコーヒーのようです。

ちょっとまって出来上がり。
あまーい( ´ ▽ ` )うまー( ´ ▽ ` )


暑い国はなぜか甘いものが美味しい。
日本ではとても飲めない激甘ミルクコーヒーが美味しい。


そしてこの旅行最後のスパ!




ふにゃふにゃになってホテルに戻ってきました。
これにてダナンでの全行程は終了。
早々にダナン空港にチェックイン。
昼発の便で関空まで帰ってきました。


ちょっとこれで終わるのはあっさりしているので番外編。
お土産やさんで思わず撮影した商品たち。
●テンション高めなお猿さん
チャム島にて。


●木の根っこ?のアート
ホイアン市場にて。


●コースター
ホイアン旧市街にて。
これ買えばよかった!かわいい。。




続いて個人的にオススメしないもの
●Secret Garden
見目こそいいですが本当に見目だけ。
完全に韓国からの旅行者向け。
旅行客の割合が多いので仕方ないですがあまりにも媚びすぎていてどうなの。。という感じ。
ベトナム料理の良いところは一切打ち消した味付けで残念。
私が唯一お腹を壊したのはここの料理だけです。





さてさておんな二人のダナン旅行でした。
ダナンは食事が美味しいしスパは充実しているしでおんな二人旅にはもってこいでした。
観光地はあまり無いし暑いのでホテルでまったり過ごすのも良さそう。

これからは夏山登山がメインになるかな。
旅行にはしばらくいけそうにないです。
登山カテゴリが充実すると思うのでよければまたみてください。


では( ´ ▽ ` )ノ
naaaaanako

  1. 2018/07/16(月) 09:56:55|
  2. 海外旅行
  3. | コメント:0

【おんな二人旅】ダナン_06/21

さてダナン3日目です。
この日はちょっと遠出してチャム島へ遊びにいくのと、ホイアン観光。

チャム島はダナンから車で1時間弱。
島へは船で渡ります。
入船券は改札機に通すスタイル。


意外にもベトナム人観光が大勢。
もう既に夏休みなんですって。


ボートはこんなかんじ。
30人乗りくらいでしょうか。


バイクやタクシーのスピードが尋常でないベトナムですが、船も漏れずに超スピードで爆走します。
ジェットスキーにでも乗ってるかと思った!笑
あまりのスピードに爆笑必至です。


まずは島内観光。
これは井戸。


井戸水を飲むと男の子を授かるのだとか。
ベトナムは男尊女卑がまだ強く残っているので熱心に水を汲みに来る人も多いらしい。
激混みでした。

続いてお寺。




正直ガイドさんの日本語がよく分からず。。
どういった寺なのかはわかりませんでした。。。

ガイドさんがグァバをご馳走してくれました。


唐辛子塩をつけて食べます。
あまり甘みはなくて瓜のような感じ。
ベトナムではおやつによく食べるらしい。

ガイドさんはこの後も色々おやつをくれました。
私たちを案内しながら自分のお土産を買ったりかなり自由人でちょっと面白かった笑

ちなみにチャム島のお土産で有名なのは、
海産物の干物とか、


お茶の葉とか。


特に干物はダナンやホイアンより安くて人気。
お茶は甘みの強い味です。
スパで出してもらったのたぶんこれかな。


さていよいよシュノーケリングポイントへ移動。
ターミナル激混み。


10分ほど爆走します。


スノーケリングポイントは珊瑚礁のど真ん中。
シュノーケルセットはレンタルあるよ~と言われていたのですが、なぜかフィンはないのでぷかぷか浮いて珊瑚礁や熱帯魚を堪能しろということのようです。

これまで潜った沖縄や和歌山とは比較にならないスケールですごかった!
カメラケースが完全防水じゃないので写真はありませんが、ぜひ現地で見て欲しい。


シュノーケル後はランチ。


ニョクマム で煮込んだ魚や卵焼きなど。
ベトナム人観光客も多いので日本人など向けの味付けではないと思います。
2人ともアジア飯は大好物。
泳ぎ疲れもあってもりもり食べました。
ごちそうさまです!

帰りの船までは木陰でのんびり。
気温は高いですが乾季なので木陰なら快適。



帰りも爆走ボートでした。
別に混んでないのになんでこんな高速なん?笑
アトラクションに楽しめということ?w


続いてはホイアン。
旧市街でぶらぶら&お土産購入です!


たぶん日本でいうと京都四条河原町。
観光客向けのお土産やさんが軒を連ねています。
コーヒー、革製品、ドライフルーツ、石鹸など。
女性向けな商品が多いかも。
交渉次第でそれなりに安く変えます。

あとむっちゃバッタもんがおおいです。
噂には聞いていたけど偽物ゴアテックス。




モッサリした触感。
あまりに爆笑しすぎて値段確認忘れちゃった。
ノースフェイスのTシャツネタ土産にしました。
まさかの600円。
値切り交渉なしだと2000円。うそやろ笑


just pho youのTシャツもお気に入り。
これは自分へのお土産。


やがて日が落ちるといい雰囲気に。
日が落ちて涼しくなるので夕方~夜がおススメです。









この日もスパによって帰りました。
たくさん歩き泳いだので気持ちよかった~。
行ったスパもちょっと書いた方がいいのかな。
また別記事に比較口コミまとめるかも。


それではダナン旅行3日目でした。
旅行も残すところ1日。
お楽しみに!

naaaaanako

  1. 2018/07/11(水) 07:00:44|
  2. 海外旅行
  3. | コメント:0

【おんな二人旅】ダナン_06/20

続いてダナン旅行2日目。
この日はミーソン遺跡観光と五行山観光と外に出ずっぱりの日です。

まずはミーソン遺跡。
朝早くツアーバスに乗り込んでダナン市内から大体1時間ちょっと。
市郊外は田んぼと小さな民家が連なるのどかな場所でした。
家はレンガ造りの2階建てが主流だそうです。間口5メートル×奥行20メートルとのこと。
墓地も通りました。1人につき1基だそうです。
さすがに写真は控えましたがカラフルな派手なお墓でした。
形は日本でいうと石垣島とかにある石造りの家のような形がちょっと似ていると思います。

さて、ミーソン遺跡入り口に到着。
見学できるエリアは大きく3つのエリアに分かれています。
DSC01692.jpg

DSC01749.jpg

ミーソン遺跡はチャンパ族(現在のチャム族)の王族の宗教的聖域です。
レンガ造りの美しい建物は世界遺産にも登録されています。
DSC01695.jpg

これは一番手前のエリア。建物としては一番古かったはず。
驚いたことにこれレンガだけで作られているそうです。
レンガ同士をつなげるセメントは使用なし。
DSC01703.jpg

DSC01737.jpg

セメントを使用するともろくなったセメントの間を雨水が通って壊れやすいのだそうです。
ただなぜレンガだけで建てられたのか、詳しいことはまだ研究中。
※もちろん修復箇所はセメントを使ている箇所もあります。

ミーソン遺跡はヒンドゥー教の建築物です。
過去の仏教との宗教戦争で仏像の頭はすべて失われていました。


こちらは左奥のエリア。
時代がちょっと進んで建築物はかなりきれいに残っています。
DSC01722.jpg

DSC01724.jpg


続いて右奥のエリア。
ここはベトナム戦争当時にアメリカ軍による空爆で破壊されてしまっています。
DSC01729.jpg

まるでジブリ映画のような風景でした。
アメリカ軍の攻撃の後は他にも空爆による大きな穴があったり、落とされた爆弾の展示もありました。


かなり早い時間に行ったので静かにじっくり見学することができました。
もっと時間かけて見たかった!

ちなみにガイドのお姉さん、まさかの完全紫外線ガード。
DSC01750.jpg

・・・暑くないの??
ダナン市内のバイクユーザも女性は結構がっちり着込んで紫外線ガードしていました。
やっぱり日焼けは大敵という感じ??


市内に戻ってお昼を食べてから、次は五行山!
タクシーに乗って進むと街中に突如大きな岩山が見えてきます。
別名「マーブルマウンテン」の通り大理石の産地として有名ですが、
私たちにわかりやすい説明は「孫悟空が閉じ込められたところ」でしょうか。
ミーソン遺跡のチャム族にも信仰されていた超パワースポットです。

入り口で入場とエレベーターのチケットを購入。
正面入り口でチケット買った(右端赤色の紙)のに、エレベータ下でもう一度買わされました。
エレベーター券は左端、入場券は中央の紙です。
エレベーターチケットだけちょうだいって言ったのに!( ;∀;)
DSC01804.jpg

お釣りが足りないし何かよくわからん紙もらったぞ?となりましたが
結構並んでたので列を抜けてしまって。。やられた。。。
それともどちらにせよ購入が必要だったんだろうか( 一一)

まぁ文句言ってもしょうがない(暑くてそれどころじゃない←)ので進みます。
エレベーターでだいぶ上がりますが、そのあとも結構歩きます。
大理石なので滑りやすいです。絶対スニーカーで!!

登るについれて岩山がたくさん見えてきます。
DSC01780.jpg

頂上からは海岸線が一望できます。
IMG_3001.jpg


続いてヒュエンコン洞窟。
入り口。
DSC01788.jpg

奥に進むにつれ荘厳な雰囲気が漂ってきます。
DSC01792.jpg

そしていよいよ内部へ。。
IMG_3004.jpg

写真にはとても入りきらないのですが、吹き抜けの大洞窟です。
広場の至る所に仏像が祀られていました。
あまりの荘厳さにふたりとお圧倒されてしばらくただただ上を向いて眺めていました。


このあとは暑い暑い言いながら入り口まで下りてきて、いったんホテルに帰りました。
これまでふたりで真夏のバンコクとかそれなりに旅行してきましたが今回は本当に暑さが辛かった!!
暑さの緩む夕方まで部屋でまったり過ごしました。。おばさんになったなぁ。。( 一一)


夜ご飯はホテル近くのフォー専門店へ!
DSC01806.jpg

ここすっっっごく美味しかった!!!!
スープが出汁のとてお効いているやつで、米麺と相まって優しいお味。
ライムを絞って青唐辛子をかじりながら一気に食べてしまいました。
ごちそうさまでした。


この日もこのあとスパで癒されてぐっすり寝ました。
アクティブに動くにはちょっと6月のダナンは暑かったかも。。と思いながら、翌日もアクティブなプラン。
大丈夫か?アラサーおんな旅もうちょっと続きます!!

naaaaanako
  1. 2018/07/06(金) 15:35:18|
  2. 海外旅行
  3. | コメント:0

【おんな二人旅】ダナン_06/19

種子島・屋久島を旅したばっかりですが引き続き海外旅行レポートです。
行先はベトナム中部都市のダナン。
旅行の供は元同期でこれまで何回も一緒に海外旅行をしたFちゃん。
お互い結婚や退職でこれが最後の二人海外旅行となりそうです。

奇しくも旅行前日は北大阪の地震が発生。
震源に近い私の自宅も多少物が落ちたり壊れたりしましたが大きな影響はありませんでした、
ただ当日は電車は全滅、高速も通行止めの状態で、下手したら翌日朝に出発できない可能性があったので
高速が復旧した時点でお互い関空に来て車中泊となりました。
最初からハードな展開。。
おかげで朝発の飛行機は終始爆睡でした。

ダナンには現地時刻の昼過ぎに到着。
ホテルはフュージョンスイーツ・ダナンビーチ!
市街地からは離れますが海沿いで景色はなかなか。
DSC01665.jpg

部屋にはキッチンもついてました。
広々してていい感じ。
DSC01667.jpg

DSC01668.jpg


荷物を置いてお昼ご飯!
ホテル近所の海鮮料理のお店にきました。
DSC01664.jpg

これはダナンで非常に多いシステムですが、食材と調理方法を選んで調理してもらいます。
店の隅には大きな水槽が整然と並んでいます。
DSC01662.jpg

私たちが選んだのはシャコのようなものとハマグリのような貝。
それぞれガーリック炒めとチーズ蒸しでお願いしました。
IMG_2996.jpg

美味しかった!これで大体2000円くらいかな。
観光客向け価格だけど日本よりずっと安いと思います。

ベトナムの通貨は「ベトナムドン」です。
1JPY=200BNDくらい。
20万ドン札や10万ドン札といった高額紙幣もありますし、5000ドン札など少額紙幣もあります。
硬貨はないので財布よりマネークリップのほうが便利かも。
なんせ桁数が多いので最初はなんのこっちゃでした。
支払いも大変だしそもそも日本円でいくらなのか計算が追い付かない。。
タクシーとかもごもごして大変でした。笑

ちなみに旅行1日目、一度だけですがタクシー代をぼられました。orz
タクシーのメーターは下2桁か3桁が省略して表示されます。(会社によって異なる)
そのため払った額が1桁多かったようです。。
その後別で乗ったタクシーであれ?となり発覚。やられた。。
私たちがちゃんと計算できてなかったのでしょうがないです。
まさかの被害はひとり500円くらいでした。まぁ我慢できるわ!笑
ホテルに着くタクシーはこれとこの紙幣でOKだよ~と丁寧に教えてくれることが多かったように思います。
ポーターさんがドアのすぐ外にいるからかな。
もしダナン行かれる方がいたらご注意ください。

話がそれましたが昼ご飯のあとは市内観光。
市内はホテルからちょっと離れてるのでまぁ20分くらいだね~と歩き出したのですが
なんせ暑い!!気温多分35度くらいあった!!昼過ぎの一番暑い時間だったし。
私たち以外だれも歩いてないしタクシーが何台も横付けで止まってくれるし。。
ていうかむしろ歩道は原付の駐車場状態だし建築資材置いてたりして全然整備されていない。
早めに歩くもんじゃないと気付くべきだった。。
無駄に体力自慢の女二人は黙々と歩き続けましたがついに暑さに参って商業施設に避難。
カフェで激甘のベトナムコーヒーを飲んで復活しましたとさ。
軽く熱中症になってたと思います。おバカ。

そのあとも目的地までなぜか歩き(えっ)まさかの2回目のカフェ休憩。
まったくたどり着けない。。爆笑
いったのはここ!
ココナッツのスムージーが有名らしいです。甘くて冷たくて美味しかった!
DSC01677.jpg

店は80年代ベトナムをイメージしているそうです。
DSC01670.jpg
陸軍風ヘルメットが証明に使われていいたり、店員さんもちょっとアーミー調の衣装だったり。
まだまだ80年代ベトナムは戦後の雰囲気が残っていたんでしょうか。


さて目的地はダナン大聖堂。外壁がピンク。
DSC01685.jpg

この日はなにか集会があったようで入ることはできませんでした。
大聖堂前の広場は司祭と観衆でいっぱいでした。


ちょっと時間は早いですが晩ご飯。
専門店でコムガー!
DSC01687.jpg

「コムガー」は鳥の炊き込みご飯のことを指すようです。
ただシンガポールのチキンライスともちょっと違います。
チキンは揚げたり焼いたりいろいろとバージョンがありました。
ふたりとも焼き鶏でお願いしたのに友達は揚げ鶏でした。なんでやねん笑
味はとても美味しい!パクチーが効いてます。添えてあるライムをたっぷり絞ってどうぞ。

この日はスパに寄ってホテルに帰りました。
ダナンは高いところでもスパは90分でも3000円くらい!
この日は暑い中歩いてたっぷり疲れたので最高に夢心地でした。


ということでダナン旅行1日目でした。
思い知ったこと。
 ・底抜けに暑い
 ・タクシーは1回200円とかで済む。Fちゃんと割り勘で100円。
  ⇒ケチらず乗るべし!
 ・どの店も店員さんはスマホゲームで遊んでいる。
 ・英語はあんまり通じない。注文が通じないと何かしら適当に通してるっぽい。
 ・ただ意外と親切。扇風機向けてくれたりする。
 ・ちょっと恥ずかしげ。はにかみながら対応しえくれる。
  ⇒なんかかわいい!

ダナン旅行レポ引き続き書いていきますね~。
のんびりお待ちください。


naaaaanako
  1. 2018/07/04(水) 16:02:12|
  2. 海外旅行
  3. | コメント:0

【ひとり旅】種子島・屋久島 6/13_鹿児島

6月13日、種子島・屋久島旅の最終日です。
20時台の鹿児島空港発の飛行機まで、鹿児島市内観光をすることにしました。

お世話になりました!



高速船で鹿児島に戻ってきました。
桜島噴煙もくもく。



市内観光、まずは維新ふるさと館。


維新ふるさと館HP

幕末の薩摩藩について、西郷隆盛や大久保利通といった薩摩藩出身の人物についての展示がしてあります。
薩摩藩の教育や方言・風俗など明治維新そのもの以外の内容もとても面白かった。
個人的には大河ドラマで使用した衣装やセットの再現で紹介された篤姫のコーナーがよかったです。

しかし維新の傑物の扱いの軽さ。。笑





しかし入場料300円はありがたい。
もっと取ってもいいんじゃない??


あまりの暑さ(屋久島より暑い!)に避難。
天文館でしろくまを食す!




これはミニサイズ。1人前。
普通サイズは1~2人前だそうです。
結構甘いので私はミニサイズでちょうどでした。
ごちそうさまでした。


しろくまの後は西郷さんの銅像。
結構でかいです。



この後あまりの暑さに参って早々と空港に移動。
お土産を買って、22時過ぎに関空に戻ってきました。



ということで、、、。
種子島・屋久島のひとり旅でした。
今回は旅行というより「旅」ですね。
色んな人と出会って自分を見直す8日間でした。
今後の人生で何かに直面した時に思い出しては奮い立てるような、そんな屋久島滞在でした。
今度屋久島に行くときは、宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡まで縦走してみたいと思います。
一緒に行こうという人と、それを迎えてくれる場所があることに心から感謝です。


では、長々とお付き合いありがとうございました。
近日中にまた別の旅行についてもアップします!


naaaaanako

  1. 2018/07/04(水) 07:00:19|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

【ひとり旅】種子島・屋久島 6/12_宮之浦岳

さていよいよ宮之浦岳です。

旅の目的でもあった宮之浦岳登頂。
コースは淀川入口~淀川小屋~花之江河~黒味分れ~投石平~宮之浦岳~投石平~黒味分れ~黒味岳~黒味分れ~淀川小屋~淀川入口 のピストン。
当初は11日中に淀川小屋に入って12日スタートの予定だったんですが、他のゲストがレンタカー運転してあげるで!ということだったのでありがたく乗せてもらいました。
下山後のお迎えもしてもらって感謝です。


淀川入口は5時スタート。


しばらく歩いて淀川小屋に到着。


物干用ロープが張ってあったり、登山客が置いていっただろうガスがいくつかあったりとなかなか快適そうでした。

小屋をこえてどんどん進みますよー。


これはトーフ岩。
山頂の大岩が包丁で切られた豆腐みたい。笑



ここらからガスってきて視界まっしろ。。
写真が下山時のものの場合があります。

花之江河。


黒味分れ。


投石岩屋には巨大な岩がゴロゴロ。


投石岳・安房岳の中間地点で投石岳を振り返る。


栗生岳みえた!


栗生岳を抜けると宮之浦岳がみえてきます。



鹿ひょっこりはん。


急に現れたのでびっくり。
屋久鹿はかなり大きいです。
ただ人間を怖がらないし攻撃もしてきません。
のんびり待てば脇道に避けてくれました。

そして宮之浦岳登頂!


山頂だけ雲がかかっていて視界は残念でした。
この日は種子島宇宙センターでロケット打上げ予定があったのでもし天気良ければ山頂で見れるかなと思ったんですが、
予報では夕方まで山頂は雲がかかっていそうなので撤退。
まぁ4時間とか待ってられんしな。。。
ロケットは黒味岳山頂に賭けることにしました。


栗生岳までおりたら天気は回復していました。
せっかくなのでのんびり景色撮影しながら下山。

黒味岳についたのが12時ごろ。


宇宙センターの方向を確認してしばし休憩。
山頂は風が強かったので少し手前の登山道で本を読んで過ごしました。


そして打ち上げ予定時刻の13時20分。
直前に山頂に上がると予定時刻ぴったりに発射!


空にすーっと吸い込まれていきました。
音が届いたのが発射後1分半くらい。
結構な大音量だったので種子島で見たらすごい迫力だろうな。


ロケット発射の余韻を残しつつ下山。
15時前には淀川登山口に到着。
ゲストのお迎えでとまりぎまで帰ってきました。

この日の晩御飯は照り焼きチキン!
残りのカレーでミニ丼付きの豪華夕食。
うまうま( ^ω^ )とぺろっと食べてしまいました。




さてこんな感じで12日は宮之浦岳登山でした。
この旅も13日が最後となってしまいました。。
鹿児島からの飛行機に乗るので日中は鹿児島観光です。
次回記事もお楽しみに。


naaaaanako
  1. 2018/07/03(火) 09:20:45|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nanako

Author:nanako
1歳の黒猫と暮らしています。
旅と登山が好き。
小麦と蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01より世界一周旅スタートの予定!
日々のこと、登山記録、旅の準備など徒然に書いていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
国内旅行 (16)
海外旅行 (4)
登山 (10)
世界一周準備 (5)
グルテンフリー (2)
映画 (1)
ねこ (1)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR