FC2ブログ

type2102

【タイ】列車スレスレ!メークロン市場

タイでの観光2日目。
今日はバンコクから少し離れてメークロン市場へ行ってきました。
市場のど真ん中を線路が走っていて、電車が通度々に線路脇の店が撤収と散開を繰り返す市場です。
撤収・散開があまりにスピーディなのと、電車がギリギリの狭さで走るので有名です。


すごい人だかりですが、、。
電車の足元ギリギリまで商品が置いてあるのわかるでしょうか。


朝は7時過ぎに出発。
宿近くのバス停から路面バスで出発。


30分ほどで旧南バスターミナルに到着。


ここでメークロン市場行きのロットトゥー(乗合バス)のチケットを買うのですが、、


右のカウンターから左のカウンターから次々に勧誘の声がけをされます。
勢いがすごい。
ちなみにメークロン市場へのロットトゥーは29番のカウンターで購入できます。
ここでも販売員のおばちゃんが水上マーケットもセットでつけよう!片道20分だから!と強烈な勧誘。
そこ行かんでいいねん、市場だけでいいねんと何回も言ってやっと購入。
チケットは60TBでした。


このおばちゃんが強烈でした。
・100TB渡したらお釣りくれない。←多分親切にバスまで案内してくれて忘れてる
・お釣りちょうだいって言ったらチケットくれない。←あっお釣りね!ごめんね!のテンションで忘れてる


誘導されたのはマイクロバス。
発車時点で私達2人を入れて6人。


発車して5分、ガソリン補給のため停車


なんでやねん先に整備しといて。。って感じですがよく聞くのでそういうもんなのかも。
ガソリンスタンドにはトイレと売店のようなものがあって、5分休憩で私たちも下車できました。
休憩後は新南バスターミナルで乗客をピックアップして再スタート。
道中もう1箇所でもお坊さんを1人ピックアップして進みました。

最後のピックアップからは田舎道を通る幹線通りのようになります。
トイレや食事処のある道の駅のような施設があったり、干物をザルに広げて売っている出店がちらほら見えました。


乗車してから1時間弱。
メークロン市場のそばでロットトゥーを降ろしてもらいます。左手にマーケット。




ぐるっと外周を巡るとすぐ駅に到着。
この駅に向かって例の電車が走ってきます。


レールマーケットはこんな感じ。
早くについたので空いてます。






売られているのは魚・肉・野菜などの生鮮品がほとんど。まれに宝くじ?のお店も。
入口付近はお土産中心のお店もありましたが、
まだ現地の方の生活のための市場の感が強く残っています。








列車は11:10の到着と11:00の出発の両方を見ることにしました。
駅と反対側の端にあるカフェがおススメ。
時間になると見やすいように乗り台(*)を置いてくれたりします。
(*さっきまで商品のザルが置かれていた台。)

電車到着の時間になるとレール横のお店は一斉に撤収。




この間まじで30秒くらい。何という早業。
そのあと超ゆっくり電車が入ってきます。




↑運転手?さんは危ないよ~と注意してるのではなくノリノリでハイタッチしています。

iPhoneで動画撮ってると決めポーズ。


録画止めるの面倒だしニコニコ笑ってやり過ごそうと思ったら


まさかのハイタッチ強要。爆笑
しゃーないのでハイタッチしたわ!!動画撮ってたのに!!笑
少し手前で見てた旦那は「敢えて停止してめっちゃ待ってたな笑」とのこと。
困ったけど楽しかった!ありがとう運転手さん!!


電車が通り過ぎるるとすぐ散開。
これまた30秒くらい。すごい/(^o^)\はやい/(^o^)\






11:30の出発もだいたい同じ。
ささーと撤収して。


電車が通って、散開。





記念に。
あまりのスレスレっぷり。ギリギリセーフという人もいますが結構アウトだと思います。笑



電車通過見学後は地元の食堂でご飯を食べて、




バスターミナルからまたロットトゥーに乗って帰りました。



メークロン市場観光おわり。

カオサンに帰ってきたあとは明日以降の計画。
明日はカンボジアに移動したかったんですがバス手配ができず明後日に延期。
ツアー会社を5つくらい巡って親切に説明してくれた3店目の旅行会社でバスの手配。


カオサンからシュムリアップはビザ代行なしで400TB~900TBくらいです。
私たちは時間都合もあってVIPと呼ばれるバスにしました。
ゲストハウスの延泊も手配済み。
延期して予定の空いた明日はアユタヤに行くことにします!
  1. 2019/01/20(日) 23:52:27|
  2. タイ
  3. | コメント:0

【タイ】王宮、ワットポーなど王道のタイ観光

タイ3日目。
やっとちゃんとした?観光スタートです。

と、その前に宿のお引越し。
歩いて3分の別のゲストハウスに移動します。




今回も個室。
日に日に汚さがグレードアップしていきます。。
wi-fiは有りますが(追記:むっちゃ弱い)エアコンなし、窓閉まらない/(^o^)\

受付で渡された鍵は大小の2種類。


小さい方は貴重品ロッカーの鍵。
大きい方は部屋の鍵、、と思いきや個室ドアにそもそも鍵の機能が無い・・・!?
ということでまさかの南京錠で施錠。


宿の汚さには早めに慣れておいた方が後々良いということで。。
まぁ。。大丈夫だよ。。思いっきり繁華街沿いなんだけど寝れるかな。。


さて、改めましてやっと観光。
行き先は宿から近い順にこんな感じ。
・ワットプラケオ玉佛寺
・王宮
・ワットポー
・ワットアルン
・ワットパークナム寺院


ワットプラケオ玉佛寺までは宿を出て徒歩30分くらい。
チケットは王宮と共通で500TB。結構お高め。










エメラルド寺院内はピラミッド状に仏像などが祀られていてまるで宇宙のような世界観でした。
個人的には高野山で見たことのある曼荼羅の世界に感覚的に近い気がします。
寺院外側の柱に施されたガラスモザイクや扉の螺鈿細工など、仏像を含め建物全体が見事な装飾でした。
参拝客が多くてじっくり見られないのがとても残念。


そのまま王宮の方へ進みます。
一部が工事中。









この時点で午前11時半くらい。
次の観光地ワットポーは歩いてすぐ。
観光の前にお昼ご飯を食べていくことにしたのですがどの店も観光地価格。
なんか違うな~とウロウロ。
暑さでちょっとしんどくなってきたので屋台でジュースかったり果物買ったり。


これは赤肉メロンっぽい。美味!!

結局、飲食店エリアの端でふと覗いた店がなぜかお安くてここに決定。
カオマンガイ、50TBなり。




お昼食べたところでワットポーの観光へ。
しかし昨日の疲労感からちょっとバテてしまった私。
完全に熱中症で頭がガンガン波打ってる。_(┐「ε:)_

ワットポーの観光はミネラルウォーター付きで200TB。






ワットポーといえば巨大涅槃像が有名ですがそれは敷地内のごく小さなエリア。
広い敷地内にはたくさんの仏像や仏塔があります。
観光客はもちろん現地の方?で熱心にお祈りされている方もたくさん。
建物や仏像の華美さだけでない、この国での仏教の大きさや根付きの深さが伺えます。

さていよいよ涅槃像。
像の頭部側から入って正面をぐるっと足元までまわり、背中側を回ってまた頭部側に戻ります。








足裏はびっしり螺鈿細工!
たくさんの仏様、象や花の模様。足の指ににはしっかり指紋もあります。


ワットポーを出たあとは昼ごはんを食べた店を通り越して船着場へ。
対岸へ船で渡ります。4TB。





対岸渡った先がワットアルン。
入場は50バーツ。
これまでの金ピカ華々しい建物と変わって白基調の大人しい印象。




ただ装飾の美しさは他にも負けてません。
個人的にここが一番好きでした。









最後はワットパークナム。
最近インスタ映えで人気らしく、旦那の希望で。
ワットアルンから少しあるいてバスを乗り継いでいきます。


今回は冷房付きのバスでした。値段は13TB。
どうも冷房なし窓全開のバスは6.5TB、冷房完備バスは13(12?)TBみたいです。




バスを乗り継いでたどり着いた先は緑グラスの仏塔が迎えてくれました。


ここはほぼ日本人しか来ていないようです。
ドームは建物の最上階にあり、その下層階は博物館のようになっています。
(タイ語のみだったのでよくわかりませんが、おそらく過去の偉いお坊さんの仏具などを展示しているようです。)


ワットアルンから離れると英語表記がなくなってタイ語のみの世界。
ワットパークナムは行きも帰りも予定していたバスがバス停に来なかったりとトラブルが多く、
昨日の疲れの残りや暑さもあって少ししんどい1日でした。
ただ前回バンコクに旅行した時に見れなかった観光地を回れたので満足。
しっかり寝て明日以降に備えます。

  1. 2019/01/19(土) 22:46:04|
  2. タイ
  3. | コメント:0

【タイ】予防接種3回目@スネークファーム

タイ2日目。

やっと予防接種です。
予防接種は国内で既に2回実施済みです。
1回目 → 予防接種してきた
2回目 →予防接種してきた(2回目)

残す予防接種は以下。
【3回目】
・A型・B型肝炎混合3回目
・腸チフス
・狂犬病 1回目
・黄熱

【4回目】
・狂犬病 2回目

今日は4つの摂取予定です。


予防接種してもらうのはバンコク市内のスネークファーム。
Sala Deang駅から歩いて10分ほど。


入って左側、1番ドアの前のカウンターで用紙に記入をします。






1枚目はパスポート番号や連絡先、アレルギー情報など。
一応、小麦と蕎麦のアレルギーを書いておきました。(特に聞かれなかった。。)
2枚目は旅行予定先や期間。世界一周と書けばOK。


1番のドアに入って受付。
初診なので登録料20TBをここで支払い。


診察券(写真下)とレシート(写真上)、問診票などが渡されます。



続いて4番ドアに入ってお医者さんの問診。
日本の摂取記録と、摂取希望のワクチンのメモを見せながら英語でやり取り。
・AB肝炎は2回摂取済みだね~じゃぁ同じの最後3回目を今日やろうね。
・狂犬病ワクチン打つけど妊娠してないよね?
・1ヶ月以内は妊娠しちゃだめだよ!ガンもなっちゃだめ!(コントロール無理。。笑)
・狂犬病の2回目は1週間あけてね。土曜日は午後休みだから25日がいいんじゃない?
みたいな。
拙い英語のリスニングとスピーキングでなんとかなります。


結果、予定していた4種類の摂取で書類を作成してもらいました。


・A型肝炎・B型肝炎(輸入A+B混合) → Hepatitis A&B(Twinrix)
・狂犬病ワクチン → Rabies
・腸チフスワクチン → Typhoid
・黄熱 → Yellow Fever

ワクチンの注意書きもいただく。英語版と日本語版両方くれました。



次は5番ドアで支払いとワクチンの受け取り。
ここで問題が発覚!!(割と恒例)
お 金 足 り な い /(^o^)\
支払いはバーツのみなので前日に換金しとかなきゃだったのが、疲れて忘れてた/(^o^)\
「ごめん、、お金バーツに変えてくる・・・」と近くの銀行に行きました。
看護師さんごめんなさい(@_@)

戻って3150バーツ支払って、受け取ったワクチンがこちら。



これを持って4番ドアの部屋に戻って1人ずつ小部屋で看護師さんに打ってもらいます。
びっくりしたのが使用済みの針の処理方法。
日本だと専用の処理Boxみたいなのが置いてて厳重に管理しているイメージですが、
スネークファームでは2Lの空きペットボトルにポイポイ捨ててました。
おいおいペットボトルなんかーい!と思いつつ黙ってバシバシ注射を打たれる私。
(✳︎未使用/使用済でしっかり分けてて心配するようなことはまったくありませんでした!)


その後は摂取記録などの受け取り。


持参した摂取記録に今回摂取分を追加してもらって、イエローカードも。
それぞれ裏と中身はこんな感じ。


✳︎アフリカなどで黄熱の予防接種済み(イエローカード所持)でないと入国できない国があります。


これで今日の予防接種は完了。




予防接種後はお昼に豚肉団子の入った米麺を食べて(写真忘れてた、、)、本日のお宿への移動。
安さを取ってバスで移動。Sala Daeng駅近くのバス停から乗車。






1時間近く乗るのにたった6.5バーツ(22円)!!
ちなみにトゥクトゥクだと400バーツ(1380円)!!!←値段だけ聞いてみた
ちなみに!ゲストハウスは1泊200バーツでした!!!却下^_^


今日のゲストハウスはドミトリーではなく個室。
wi-fi有り、エアコンなし。防虫シーツひいて寝ようかなって感じ。


↓オーナーが腰にタオル一枚でうろついている図。




荷物を置いて晩御飯ついでにカオサンロードあたりをうろうろ。
お土産やさん、ヘナタトゥーのお店、エクステのお店、フットマッサージのお店などがひしめいてて、
このエリアは欧米からの観光客が多いです。


晩御飯は路面店でマッサンカレー とご飯のおかず2品乗せ。




適当に選んで指差しで注文したおかずが辛かったー!!唐辛子のピリピリ。
マッサンカレーはココナッツミルクの効いてまったり美味でした。


今日はたくさん歩いて結構お疲れモード。
明日からはやっと観光。
ワットポーやワットアルン、王宮あたりを見に行きます!


  1. 2019/01/19(土) 00:19:30|
  2. タイ
  3. | コメント:0

【タイ】ドンムアンに到着!屋台グルメを満喫

初日から出鼻をくじかれ2日目、いよいよ(やっと!)タイへ飛び立ちます。

チェックインは朝の5時から6時半。
4時半に起きて関空に移動、チェックインを完了。

初めて見る遅延証明書配ってはこんな感じ。



航空会社はスクート。黄色い機体が可愛いい。
機内ではほとんど寝てました。。zz



ドンムアン空港に到着したのは現地時刻の12時15分ごろ。
イミグレは大行列で2時間近くかかってしまいました。
今日中に予防接種に行きたかったけど間に合いそうにありません( ;∀;)
初日だし体調を壊してもしょうがないので、今日はのんびり過ごすことにしました。
とりあえずゲストハウスまでバスと電車を乗り継いで移動します!


ただ、気温は32度。前後で20キロのザックを担いで歩くと汗が止まらない。。。

まずはシャトルバスに乗ってMoChit駅へ。


乗車後に30TBをスタッフに支払い。


筒状の缶ケースのようなもので器用にチケットを千切って渡してくれました。
お釣りのお札も折りたたんで花のように綺麗に広げて持っていてすごく素敵でした。。


MoChit駅からはBTSへ乗り換え。
Sala Daeng駅までのチケットを購入。ICカードです。


Siam駅で一度乗り換えてSala Daeng駅まで到着したものの、改札で引っかかる。。
ICカードが挿入口からポーーーーーンと投げ返されました。
閉まるバー!吹き飛んで床に落ちるICカード!! まるでコント/(^o^)\
どうやら支払いの時にちゃんと通じてなくてお金が足りなかったようです。。駅員さんすいませんでした。


駅から少しあるいて本日のお宿。


wi-fi、エアコン完備のドミトリー式。
設備に不足なく綺麗なお宿で安心しました。


今日は予定無しになったのでご飯を食べに外に散歩。

近くの路面店で魚麺。


また別の路面店でパッタイ(タイ式米麺)焼きそば




両方おいしかった(^◇^)(^◇^)
どちらも日本円で250円くらい。

宿への帰り道にカットスイカももぐもぐ。これ大好きで毎回買っちゃう。



あとは明日の作戦会議して今に至ります。
明日は予防接種!あとは王宮とかワットポー近辺の観光かなと思います。


とりあえず2日続けてブログは書けた、、。
けどいつまで続けられるかわかりません/(^o^)\頑張ります/(^o^)\

  1. 2019/01/18(金) 00:02:55|
  2. タイ
  3. | コメント:0

いよいよ出発、、、初日から出鼻を挫かれる

ついにやってきた1月16日。
世界一周出発の日!!

初日は関空からタイのドンムアン空港までの移動のみ。
関空が17時台出発なので、14時ごろ関空に到着するよう自宅を正午前に出発しました。

神戸三宮からシャトルバスに乗ったのが13時ごろ。
前後に大きなザックを担いでの移動はなかなか大変だったのでやっと一息ついたころ、、、。
旦那さんからラインが。
「なぁ、これってどういうこと??」



おいぃぃぃぃぃぃ
待て待て待て待て

まさかの!出国の!! 飛 行 機 遅 延 /(^o^)\
初日から面白いことになってきたじゃないですか(・∀・)

もうシャトルバスに乗っちゃっているのでとりあえず関空へ。
旦那はあたふたしながらもいろいろ考えてくれてました。
遅延証明が出るのか?ドンムアン空港近くに確保した宿のキャンセルはどうするか??など。
私は面白くてひとりヘラヘラしてました。←ごめん


空港についてチェックインカウンターで問い合わせたところ、関空にまだ飛行機が到着してないとのこと。
今日はとりあえず宿と食事の手配はしますということなので一安心。
説明をします、と予告されていた時間にはチェックインカウンター前は大混雑。
私たちの前に4、50人くらいはいたかな?それでも行列の前の方にいる感じでした。


結局予告時間から1時間くらい経ってやっと手続き完了。
空港から少し離れたホテルと往復のバスの手配をしてもらいました。

ただ今晩の宿はキャンセルしなきゃ。
キャンセル料がかかるのでまさかの初日から海外保険の申請をします。。
旦那が電話で問い合わせをしてくれて、宿の予約票コピーと遅延証明と払い戻しの口座情報を郵送することになりました。
そのあとは空港内のダイソーで封筒を買ったりコンビニで印刷をしたりとバタバタ。


ホテル移動の前に記念にパシャり。



まーこの後の移動も大変だった。
指定されたバス停に行っても誘導スタッフがまともにおらず周りもここでいいのかな?状態。
唯一いたスタッフのお姉さんに確認しにいって無事移動バスには乗れました。
スタッフのお姉さんも手一杯そうで大変だった。。お疲れ様です。


準備してもらったホテルは普通のビジネスホテルのツイン。


夕食はミールチケケットをもらいました!
ホテル内レストランのバイキング。食べ過ぎた。。




ということで旅初日はドタバタでした。
予定のない旅なので逆に面白い!と楽しめたかな。笑

さてさて明日は4時半起き、5時にホテル発です。
8時に離陸、ドンムアンは昼頃着かな。予防接種も時間間に合いそうです!!



  1. 2019/01/16(水) 23:28:58|
  2. 国内
  3. | コメント:0

ザックをどう守る??

いよいよ出発が近づいてきました。
荷造りもだいたい完了です。

前回書いた通り、荷物はスーツケースではなくザック。
どうやって鍵かけよう?と悩んだのでまとめてみます。


大半の荷物がはいっているメインザック。
主室へのアクセスは赤矢印の3か所。
IMG_7115.jpg


まずは雨蓋の部分。
主室の開閉は紐で絞る巾着状の構造です。
この紐をチェーンに変えて、
IMG_7116.jpg

南京錠でロック!
IMG_7121.jpg

チェーンは十分な長さがある(1m)ので、これまでと同じように開閉ができます。
ただチェーンが通っている部分の布がしっかりしているので閉める時に少し力が要ります。
頑張って閉めても閉め切らずに小さく穴が開いている状態になってしまいますが、
一番上の荷物をタオルとかにしておけばいいかな。
ドロボーが「めんどくさっ」となってくれればOKなので。
(刃物で裂かれたらもうどうしようもないし。。)

南京錠は一応TSAロックにしました。
意味がないという意見もありますが、、まぁ100均よりは頑丈でしょ。


次にザック中・下部のファスナー。
これはまとめて南京錠で固定。
IMG_7122.jpg

ポイントはファスナーの取っ手の根元の穴でロックすること。
外側の穴の方でロックすると「ポテトチップス開け」で簡単に開けられてしまうそうです。

参考


本当は中・下部それぞれで南京錠のロックをしたかったんですが、
まさかの手持ちの南京錠の1つが誤って番号を変えてしまったらしく、、、開かない。( ゚Д゚)
旅行中に0000から頑張って解除を試みようと思います。。暇な移動中でも。。


メインザックの施錠はこんな感じ。
宿に置かせてもらうときはこれプラス、ワイヤーで固定させてもらう予定です。
サブザックのリュックは前に抱えるつもりですが一応100均の南京錠も持っていきます。


以上、荷物の施錠についてでした。
  1. 2019/01/15(火) 12:05:39|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

旅行中の荷物

準備編、旅行中の荷物についてです。

まずはザック。使うのはこの3つ。



メインザック : deuter aircontact 60+10

もともと夏山テント泊登山用に持っていたもの。
荷物を適当にホイホイ放り込んでもサイズ的にだいぶ余裕はありあそうです。
飛行機で預けるときはカバーをかけてTASロックをかけておく予定。


サブザック① : Burton Gorge Backpack

メインザックを置いて観光などするとき用。
一番使う機会が多そう。
・タブレットや防寒着も入ってあまり大きすぎないサイズ
・主室へのアクセスがひとつ(サブジッパーが無い)こと
・トップに小物の入るポケットが付いていること
あたりを条件に探してこれにしました。
レインカバーも付いてますが耐水ジッパーだし生地の感じも小雨くらいなら耐えられそうです。


サブバッグ② : Teton Bros. Sling Tote

ちょっとスーパーに買い物に行くときなんかに使う用。
小さい割に収納力が高め。
カメラ2台にミニ三脚・自撮り棒、財布が無理なく収まるくらい。


ちなみに持ち物リストはざっとこんな感じ。
(パスポートやクレジットカードなど超基本的なものは除く)
服類
・Tシャツ×3セット
・下着類×3セット
・上着類:パーカー、フリース、ダウン、レインウェアなど
・防寒系:メリノウール×3、雪山用靴下、手袋、ニット帽、ネックウォーマーなど
・ストレッチパンツ×2、登山用パンツ×1
など

常備薬
・頭痛薬、痛み止め
・咳止め
・下痢止め
・酔い止め
・風邪薬、のど飴
・湿布
・消毒綿
など

電子機器類
・iPad
・Bluetooth対応キーボード
・充電器、アダプタなど
・kindlePaperWhite
・イヤホン
・ポータブルHDD

衛生用品
・石鹸
・シャンプー
・歯ブラシセット
・日焼け止め
・オールインワンジェル
・目薬
・リップクリーム
・虫除けスプレー
・裁縫セット

化粧品
・下地
・パウダーファンデ

洗濯用品
・洗濯ロープ
・携帯用洗濯袋
・粉洗剤
・ハンガー2本

移動・待機時
・耳栓
・空気枕、クッション
・マスク
・寝袋
・防虫加工のトラベルシーツ

食事系
・電子調理器
・米麺やアルファ米など
・醤油など調味料
・自家製梅干し


・S字フック
・エコバッグ
・ノートとボールペン
・エマージェンシーシート


書き出すと結構多かった。。
(細かく紹介したいんですがまた時間があるときに。。)

なるだけ軽量・コンパクトにするため石鹸で落ちる日焼け止めやファンデーションを選んだり
他のものもジッパー付きビニール袋に入れ替えたり折りたためるものばかりを選んでいます。
ここらは登山の経験が大いに活きてます。
それに元々の神経の太さや無頓着さがこんなに有難いことはない。笑

そのかわり電子調理器や食材といった個人的に持っておきたい荷物があります。
食材は新しく買うというよりは家に残っていたものをとりあえず突っ込む感じ。
(まぁ寝袋、洗濯用品、食事系の荷物は夫のザックに入れてもらうのですが、、。)

服については基本的に既に持っている登山用品が中心です。
大事なのは速乾・軽量・動きやすさ!
記念写真の服装のダサさが否めない(・∀・)笑


以上、超ざっくり旅行中の荷物についてでした。
旅の途中でこれ欲しかったーとかこれ要らんかったーがたくさん出てくると思うので、
また改めてそこらへんも紹介したいと思います!!
  1. 2019/01/11(金) 16:21:34|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

カメラについて

さてさて準備編どんどん追加していきます。
今回はカメラについて。

もともとそんなに写真を撮るタイプではないので本格的ではないです。
IMG_7017.jpg


メインカメラ : SONY RX100M3 
スペックとかはこちら→ソニー公式 商品情報

もともとRX100M1を使っていたのでグレードアップ。
M2と比較してファインダーがあること、ディスプレイの可動域が広いことの2点でM3にしました。
センサーが大きく、三脚を使用すればマニュアル設定次第で星空の撮影も可能。
もちろん一眼レフカメラのような操作性の良さはありませんが、コンパクトさと撮影画像のバランスは私には十分。
持ちやすいように純正グリップを貼っています。


サブカメラ : RICHO THETA V
全天球カメラとは何ぞや→RICHO公式 商品情報

これも最新機にバージョンアップ。
初代THETAはもちろん、前世代のTHETA Sと比較しても撮影画像はかなりキレイ。
SNSへの共有のし辛さが難点ですが動画撮影もかねて。(4K動画撮れるんだぜ!)


自撮り棒、三脚は夫のを貸してもらっています。
基本的にTHETAで使うはず。


ちなみに、旅行中の写真は随時インスタにアップ予定です。
WorldTravelerNanako

生存報告もかねてなるだけリアルタイムでの更新を目指します。
いいね!、コメントお待ちしております。
ブログは入国や観光のメモを後追いで書いてく予定です。


以上、旅行に持っていくカメラについてでした。
  1. 2019/01/07(月) 17:56:34|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

アレルギー対策

準備編続きます。

以前にも書いた私の食物アレルギーについて。
エピペンを処方してもらった

エピペン以外にもいくか対応策を講じてみました。
IMG-7012.jpg


まずはエピペンを常に持っておけるようにエピペンケースの準備。
写真の黒いポーチです。
NPO法人が販売しているエピペンケースで、内側が断熱素材になっています。
子供向け商品ですがベルト調整で大人でも常にエピペンを身に着けて持つことができます。
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

このエピペンケースにエピペンの打ち方の説明書も入れました。
日本語ですが図解があるので何とかなる、、(と思っている)。
ちなみにエピペンのサイトには英語の説明書もありますが、
英語圏以外はどうしよう?となるともう言ってられんのでこれでOKとしました。


あとはアレルギー情報カードを作成。これもエピペンケースに入れます。
 「私は小麦と蕎麦のアレルギーがあります。」
 「このメニューは小麦か蕎麦が含まれますか?」
 「小麦と蕎麦を使っていないメニューはありますか?」
この文言を英語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、イタリア語でカード化しました。

赤いカードは緊急時用。
 「小麦か蕎麦を誤って食べてしまいました。」
 「アドレナリン自動注射を持っています。」
 「アドレナリン自動注射をすぐ打ってください。」
これは英語のみ。
万一にも夫と離れているときに使用することになるので、緊急時にあまり選択肢があると逆に大変かもということで。。


あと、エピペンの処方箋もお医者様に出してもらました。(写真なし)
基本的にエピペンは航空機への持ち込みは問題なさそうですが、
国によっては入国時審査で処方箋がないと没収される可能性があるようです。


正直アレルギーに関してはどこまで準備しても不安が残ります。
エピペンは緊急時処置であって、その後は医療機関に診てもらわないといけません。
食べるものすべてに緊張する毎日、、耐えられるか??


以上、アレルギー対応でした。
今後は持ち物とかをぼちぼち書いていきたいと思います。
  1. 2019/01/07(月) 16:54:30|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

ロシアビザ取得!

だいぶ久しぶりの投稿です。
いよいよ出発が近くなってきました。
私が準備で結構大変だったのがビザ要否の確認。
行先候補の国が多いので夏頃から地道に要否一覧を作成していました。
PDF化して旅行にも持っていくつもり。
DiXEct6VAAAmqFm.jpg

改めて、さすが日本国パスポート。最強。
大半の国でビザは不要でした。
e-VISAかアライバルビザで何とかなりそうな国を除外して、どうしても事前のビザ申請が必要だったのがロシア。
このロシアビザが非常にめんどくさい、、。
事前にバウチャーを取得したうえでネット申請、さらに大使館へのパスポート持参が必要です。
大使館は大阪。(※居住地によって変わります)
申請と受取で2回行く必要があり、交通費もかかる。面倒。。


ビザ申請で参考にしたブログはこちら。
【画像で徹底解説】個人で取得するロシアビザ!観光VISA発行に必要な日数とその費用

詳細な手順記載がありとてもわかりやすいです。
実際に発行されたバウチャーとブログとでデザイン違いなどはありましたが手順で特に困ることはありませんでした。
ただ1つ気になったのは、出生地。
私の場合は出生地は兵庫県ですが、結婚し本籍が兵庫県から奈良県に変わりました。
パスポートに「出生地」という項目がなので「本籍」を書くか悩みましたが、
他のブログを見ると特に本籍である必要はないとのことだったので、兵庫県としました。

11月末、関西に帰省したタイミングで大阪の在日ロシア大使館へ。
大阪府警の物々しい警備に気圧されて写真とかは全く撮れず。。。
門のところでビザ申請にきたと伝えると身分証の提示で入館できました。
ビザ申請用の小さい部屋に通されます。
部屋の中には2つカウンターがあり、1番で申請用紙などの提出、2番で料金の支払い(※)をし受取証を貰います。
※私は申請から受取までを2週間としたので料金はかからず。
12月中旬に受取で再訪した際は1番のカウンターに受取証を渡すだけでした。

これが受取証。
申請日が11/28、受取が12/10です。(受取後に撮影したのでサイン済)
IMG_7011.jpg

そしてこれがパスポートに貼付けされたビザ。
IMG_7010.jpg

正直どこを黒塗りしたらいいのかさっぱりわからん。笑
とりあえずパスポート番号やバウチャー番号などは消してみました。


これで無事ロシアの観光ビザ取得。
実際入国する際にハネられないよう祈ります。。


以上、ロシアビザ申請についてでした。
準備編、出発までいそいで更新していきいます!
  1. 2019/01/07(月) 16:18:48|
  2. 世界一周準備
  3. | コメント:0

プロフィール

nanako

Author:nanako
黒猫と暮らしています。
旅と登山が好き。
小麦と蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01より世界一周旅スタートの予定!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (4)
国内 (1)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR