FC2ブログ

type2102

【ベトナム】ベトナムでテト(春節)にガッツリ巻き込まれた話③

テト巻き込み事故続き。

①②でやっとこさホーチミンからハノイにやってきた私たち。
次はいよいよラオス、ルアンパパーンへ抜けるぞ!とバスの手配を始めました。
ハロン湾ツアーを申し込んだ旅行代理店で聞いてみると、
「ラオス行きは2月6日まで休みやで」 *この日は2月2日
といわれました。えっだいぶ先ーー!!


他の旅行代理店でもそうなのかな?とも思いましたが、
過去にハノイからルアンパパーン行きのバスを日本人宿で買っている人をネットで見たので、
そこに行ってみよう!となりました。
→ハノイ旧市街にある日本人宿、はっぴーはうす へ。


宿のお母さんにラオス行きたいねん、、と言うと
旅行代理店と同じく直通は6日まで休みですよ、とのこと。へぇぇぇ_(┐「ε:)_
テトの期間でも特に4日5日あたりはバスが運休になってしまうそうな。
日本でいう元旦が旧正月の場合は2月5日に該当するそうです。

他にラオスに抜けるルートをいくつか教えてもらいました。
北部ルート
・ハノイ→(ハジャン→)サパ→(ディエンビエンフー→)ラオス

南部ルート
・ハノイ→モクチャウ→ディエンビエンフー→ラオス

ハジャンは中国との国境付近にある山岳エリア。
ゲストハウスを起点にレンタルバイクで1泊2日で山岳地帯をぐるっと回るのがおすすめ。
山の景色の綺麗さがおススメ。

サパはライスフィールドが有名、ルアンパパーンへの直通観光バスもあるはず。

モクチャウはベトナムの田舎町。のんびりするにはもってこい。


北部、南部どちらのコースを取ったとしてもどこかでバスの運休で1日は停滞する見込みです。
私たちふたりはハジャンの山を見に行くのがいいかもね、となり
そちら方面に向かうバスがないか調査。。


お母さんに教えてもらったのはこのサイト。
https://vexere.com/en-US

ベトナム国内のバス路線の検索、予約ができるサイト。
予約が電話のみの場合でもいったん各バス会社ではなくこのサイト運営会社に繋がるため、
「ENGLISH!」を連呼しておけば英語スタッフに繋いでくれるそうな。笑

ただ、このサイトで検索して実際にお母さんに電話でも確認してもらいましたが、バスは全滅。
もうこれはハノイで停滞するしかないか、、と正直諦めムード。
(ちなみにハノイの正月はアオザイを着た人がたくさん街に繰り出してかなり華やかなんだとか。)


もうアカン、となりかけた時にお母さんが「あっ!!」と叫んでPC検索してくれたのがこれ。


ハノイ発、ラオカイ行きの寝台列車!!
ラオカイからローカルバスに1時間でサパに着くので、そこで正月は停滞して
ルアンパパーン行きの観光直通バスを探せばいいじゃん!!!ということに。


結局選択肢はこれしかなく、都会の人混みに居るよりサパに行こう!となりました。
ついでに教えてもらった美味しいご飯屋さんなんかを通って、ハノイ駅へ。



窓口をいくつかまわらされたあと、無事チケット購入できました。
4人部屋上段、385000ドン。
4人部屋下段→2人部屋と値段は上がるようです。


これで一安心。


ちなみに実際の寝台列車はこんな感じでした。
駅は2階の改札から入って7番ホームへ。






すでに電車は停車していたので乗り込みます。





ベットは意外と広いし布団もしっかりあったので寒くありませんでした。
下段は中国人カップル。


私たちはすぐ寝付いてしまってあっという間にラオカイに到着。





ここからサパまで30000ドンでローカルバスが出ているはずが、これもテトで運休。
タクシーやバスの客寄せが群がってきます。。
結局駅で販売していたバスのチケットを購入。46000ドン。またテト。。
客寄せしているタクシーやバスだと50000ドン以上だったので安心と安さでOKとします。


このチケットも一度は満員だと購入拒否されたものの、
頑張って2人分他の乗客を詰めさせて乗せてくれました。乗れてよかった。。

ローカルバスはくねくねした道をゆっくり進むこと1時間。
無事サパに到着しました。ここでゆっくりしよう。。


と、テト巻き込み事故第3弾でした。
ざっくりまとめると3つですが行きたかった飲食店が閉まっていたりと
かなりテトに振り回されるベトナム縦断となりました。
そのかわりに予定外の観光や経験はできましたけどね!
特にサパには予定外に寄れて本当に良かった。また別でブログ書きます!!

  1. 2019/02/07(木) 01:17:44|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】ベトナムでテト(春節)にガッツリ巻き込まれた話②

またまたテトに巻き込まれたお話。
次はホイアンからハノイへの移動です。

今回もバスの乗り継ぎで向かいます。
バスは宿泊したゲストハウスで手配。
・ホイアン→フエ 220000ドン/1人
・フエ→ハノイ 600000ドン/1人

ホイアン朝初のバスで昼にフエ、
当日夕方初のスリーピングバスでハノイへ行きます。
12時間近くスリーピングバスに乗るのは初めて。


朝ゲストハウスにピックアップのタクシーがきてバス会社のオフィスへ。


ここで初めてチケットをもらいます。
これまではゲストハウスでも控えをもらっていたので一抹の不安。。


ホイアンからフエのバスは日中便ですがあの絶妙なフラットシートでした。


ベトナムにバスはこのタイプしかないんかと思うくらい笑
自由席だったので最後尾座席に座ると足が伸ばせて良かったけど
横と近くてちょっとこれはこれで。。
まぁ寝て過ごしたので問題ない(・∀・)


ただ乗り場がバス会社のオフィスと離れていたのでちょっと不安。
ふつーにレストランなんですけど。。
添乗員のおじさんに乗り場ここ?と住所を書かれた紙を見せて確認。
ここやでと言ってくれたのでレストランに荷物をデポして観光。
時間がなかったので王宮だけ。






中国の影響を受けた豪華絢爛な王宮でした。
モノクロの写真もたくさん飾られていて、最近まで王朝が存在していことを感じます。


夕方レストラン前に戻ると隣の店の男性が声をかけてきたので
また紙を見せてここ?と確認すると「違う。」
まじか。

Googleマップと英語まぜまぜで聞くとどうもオフィス前の様子。
あーー声かけてくれて助かった。ほんまにありがとう。
オフィスに行ってスタッフさんに聞いたらここやでと言ってくれました。
これでひとまず安心。



出発時間少し前にマイクロバスに乗らされます。ぎっちぎち笑


あ、これさっきのレストランに戻ったらウケるな!と思ってると
また全然別の場所に落とされる。。ここどこや。。。


出発時間の17時を過ぎた頃にスリーピングバスがやってきました。
結局バスは45分遅れで出発。



このとき、自由席だったので出やすいかなと思って前方の窓際席を確保。
失敗でした。。
運転手のクラクションやスタッフがスマホで爆音で流す音楽が聞こえて辛い。
到着まで何度も何度も目が覚めてあまり寝られず。
でもまぁ無事ハノイに着きました。


テト巻き込み事故、あと1回くらい続きます。。
国内移動だけでなく国外逃亡する場合もテトの前は事前に準備しとかなきゃだめでした。。

  1. 2019/02/05(火) 07:00:25|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】ベトナムでテト(春節)にガッツリ巻き込まれた話①

この旅で一番想定外で精神をゴリゴリ削られたのは、テト(春節)。
ベトナムは中国と同様に旧暦を採用しており、2月の頭が年越となります。
他にあまり長期休暇が存在しないらしく、飲食店だけでなく長距離バスなども運休。
ベトナム国内の鉄道や航空機などは帰省の人でいっぱいになってしまうのだとか。

そんな事も知らず(完全に準備不足)1月28日にベトナム入りした私たち。
当初はホイアンだけ寄ってハノイまで一気に縦断して、ラオス入りする予定でした。

使おうと思ったのは長距離バスのオープンバスチケット。
これはベトナムの主要都市間を好きな日に乗り降りしながら縦断するためのチケット。
バス版の青春18きっぷというところでしょうか。
出発したい前日にツアー会社に連絡すればオッケー。
ベトナムを縦断したい時に便利なチケット。

ちなみにシンツーリストの1番のチケットを買おうと思っていた。
ベトナム縦断で3600円くらい!安い!!



よーしこれで楽勝だぜ!とホーチミンオフィスにいったところ。。
窓口のお姉さんは「売ってない、セパレートで買え。」という。
しかも「トータルでこの値段になるかはわからない。具体的に乗りたい日を言え」

なーーーんーーーーでーーーーー

考えるわ、と引き下がって違う店員さん(多分偉い人)に再アタック
同じことを言われるので「何でや!」と聞くと「HOLIDAY!」

あっなるほどーーーーー!旧暦!!春節か!!!

聞くとテトの間はオープンチケットの販売はなし、通常経路も値上がりするらしい。まじか、、と思って他の店舗もいろいろ回ったけどどこも同じ。
ごめんね。タイミング悪くて大変だね。と苦い顔をする店員さんもいました。

しかもこれは超個人的な意見ですが、ベトナム人の英語すごく聞き取りづらい。
タイでもカンボジアでも全然困らなかったのに、
ここに来てみんながみんな何言ってるのかちょっとわかりづらい。
何店舗も値段と時間とを問い合わせしながらまわるのすごい疲れた。。。
もう最後の方は筆談混じり。脳みそ疲れた。


結局もうアカンでとなって最初に行ったシンツーリストで
ニャチャン経由のホイアン行き、連続スリーピングバスを手配しました。


想定外の出費・・・。しょんぼり。


ちなみにスリーピングバスはこんな感じ!




上下段、絶妙なフラットシート!足を突っ込むところがある!くれいじー!!
私の体格(身長160cm、細身)でちょうどいいくらい。
体格のいい人だと足は伸ばせないし幅は狭いしで辛そう。
ちなみに、水のペットボトル1本くれました。

ちなみにニャチャンではスリーピングバス連続が辛いので泥温泉にいきました。
【ベトナム】ニャチャンで泥風呂体験!
ホーチミン→ニャチャン→ホイアンの場合、これすごくアリだと思う。


ということでテト巻き込み事故①でした。
これがベトナム脱出まで続きます。。まじ事前調査不足でした。
  1. 2019/02/04(月) 22:59:23|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【小麦アレルギー】タイ、カンボジア、ベトナムで食べたもの

すっかりただの日記状態になっているこのブログ。
せっかくなので小麦アレルギーの私が旅行中何を食べているのか振り返りたいと思います。

タイ
ライスヌードル


パッタイ(米麺の焼きそば)


ともに屋台で買うことができます。
店によって味が結構違って面白かった。


おやつ系はフルーツが中心。
カットフルーツ


焼きバナナ



インスタントも。
麺類




おかゆ


これアカンやつ






カンボジア
カンボジアはタイに比べ麺より米を食べる機会が多かった。

フライドライス(カンボジア風チャーハン)


味はかなりあっさり目。
フライドヌードルが米麺と知るまでひたすらこればっかり食べてた。

フライドヌードル


wide、thinの2種類の米麺が選べます。
もう1種類の麺(呼び名よくわからない)はegg noodleと呼ばれていて、
正確に米麺かわからないので食べませんでした。

ロックラック(カンボジア風ステーキ)


蒸し米(スチームライス)とおかずを1品選ぶスタイルの食堂も多かった。
英語が通じなくても指差し注文で買えます。


鳥モツのお粥
夜の市場で隣の人が食べているのが美味しそうだったので指差し注文で。
市場では鳥が〆られ羽を無視られ捌かれている様をがっつり見れます。


おやつ
クロラン(竹筒にもち米と黒豆を入れて蒸したもの)


ココナッツボール
屋台でたこ焼き機みたいなので作っている。記事は米粉。
熱々のうちに頬張るとモチモチの生地からココナッツミルクがとろーっと!


バナナ
もはや主食。日本のバナナよ酸味が強い




ベトナム

ベタな感じで。
生春巻き


バインセオ
卵かと思ったらターメリックで色付けした米粉クレープらしい


コム
蒸し米に肉を乗せたやつ。
例えば鳥ならコムガー。写真は豚肉。


カオラオ
米粉のうどん。太麺で味濃いめで美味しい



おやつ
エビケーキ(左端)、バナナケーキ(右から2番目)
屋台のお兄さんに聞いたら小麦粉不使用、米粉とのこと。
ほんまに?と何回も確認したけど英語の流暢な人なので信じられそう。
食べた感じも米粉です。


(あかんかった)ドーナツ
これも屋台の人の「米粉だよー」を信じたけど失敗
これは絶対小麦入ってる。。。。
喉が変な感じしたのでふた口でやめた。(旦那が食べた)



他にも色々食べたけどこれくらいで。
東南アジアは食べられるものが多くて幸せ!
安いので自炊もほぼしていません。
次回以降は国ごとに分けて書きたいと思います。


  1. 2019/02/04(月) 07:00:41|
  2. 小麦アレルギー
  3. | コメント:0

【ベトナム】ハロン湾ツアーに参加

ベトナム縦断してやっとこさハノイ。
2人とも行きたかったハロン湾のツアーに参加してきました。

申し込みは現地ツアー会社で。
ちなみに日本語ツアーも見てみましたが値段は倍以上します。


朝、ホテルにピックアップ。
30人乗りくらいのマイクロバスでした。



現地ツアーなので添乗員さんの説明は英語。
ハノイやハロン湾の名前の由来や伝説など。
ハノイの名前の意味は川に囲まれた街。
旧名(忘れた)の意味はドラゴンが天を飛ぶ街、らしい。
ハロン湾の名前の意味は龍の住む湾。
昔ベトナムが海で戦争をしていた時に龍が手を貸してくれて勝利、
龍はその後そこに住み着いたということらしい。


2時間弱走って一度トイレ休憩を挟んで、12時半ごろハロン湾に到着。
船に乗る前から遠くに奇岩が見えています。



添乗員さんが全員分チケットを買ってくれて、ゲートへ向かいます。





ボート乗り込むよ。


ボートではお昼ご飯を食べながら奇岩に向けて進んでいきます。





ここが一つ目の有名ポイント。
中央少し右の小さな奇岩は200000ドン札にも印刷されています。




この後はバンブーボート!
地元の方に船を漕いでもらって奇岩に近づきます。







曇天だけど逆に水墨画のような雰囲気。
湾の水は薄緑色で、晴れたらそれもまた綺麗だと思います。


奇岩の根元には波で削られた?のか大きな穴が空いています。
ボートはそのすぐ手前まで行ってくれます。





ボートは20分くらい??
オプションですが付けてよかった。




この後はもう一度ボートに乗り込んで、もう1つ有名な奇岩へ向かいます。
道中の景色もぜんぶ絵になる。





これ。
闘っている鶏だとかキスしている鶏だとか言うそうです。



その後は奇岩も少しずつ小さくなっちゃいました。
前半の迫力がすごかったのでお昼ご飯のんびり食べてないでさっさと看板にあがればよかった。笑




この後、ひとつ洞窟を見学して港に戻ってきました。
(どうもカメラの調子が悪かったので洞窟は割愛。)
帰りのバスは3時間ちょいでハノイ市街に戻ってきました。


ハロン湾は思ったよりハノイ市街から遠かった。
ツアーでなく個人で行っている人もいるようですが値段もほぼ変わらずみたいなので、
説明もいろいろと英語で聞けるしツアーが良いと思います。
また機会があれば晴れている時にきてみたい(^◇^)


今日は2月3日、ベトナムでは正月休み真っ只中です。
バス運行がおやすみになったり飲食店でも閉店したり値上がりしたり。
ちょっと今回の旅はこの春節の影響を受けてしまいまして。
もともと明日の夜行バスでラオスに行く計画だったのが挫折。
ちょっとベトナム北部の田舎を覗いてきたいと思います。
予定外に夢の寝台列車!!楽しみです。

  1. 2019/02/03(日) 22:05:47|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】(悲報)レンタルバイクが壊れる

ホイアンでは2泊しました。
泊まったのはホイアン旧市街から少し離れたところ。
ゲストハウス側の手違いか部屋のグレードが上がってました!
バルコニー付き。嬉しい。


1日目はホイアン旧市街をうろうろしたりナイトマーケットにランタンを見に行ったり。
2日目はゲストハウスにバイクを借りて少し足を伸ばしてマーブルマウンテン(五行山)へ行くことに。


ベストハウスに借りたバイク。(*1台目)
1日借りて6ドル。


走り出してすぐ、なんかエンジン不安やな、、ということで変えてもらいました。
2台目もキックしないとエンジンがかからないバイク。ちょっと不安。。


出発してとりえず昼ごはん。
旧市街のコムガー有名店。




サフランで炊いたご飯の上に鶏肉とたっぷりのハーブ!
他で食べたコムガーよりさっぱり爽やかで美味しかった!!おススメ。
ちなみにこの店の近くに世界一美味しいバインミー(フランスパンサンドイッチ)のお店もあります。


お腹も満たされたところで、ガソリンを入れて五行山に向けて出発。
ホイアン市街は道も整備されて長閑な風景の続く気持ちいい道でした。



五行山まであと2キロくらいまで近づいたその時。。
急にエンジンがストップ。
私は後部座席に乗っていましたが突然バイクがシュン、、と失速するのを感じました。

旦那さんが路肩に留めてエンジン再始動を試すもうんともすんとも言わず。
これは、、、あかん。 壊れた。

とりあえず歩道にバイクを避難したもののどうしよう状態。
そもそも2人ともSIMカードは買っておらず今まではフリーwi-fiでなんとかしてきた。
どうやってゲストハウスに連絡とろう?修理できるのか?今日帰れるんだろうか??という状態。


とりあえず近くにフリーwi-fi拾えないかなってことでカフェなりホテルなり探すことに。
すぐ近くに小さなホテルがあったのでもしかして英語なら通じるかも!と突入したものの。。
レセプションに出てきたのはベトナム語しか喋れなさそうな男性と女性。おぉぉ。。
バイクが壊れてん!と身振り手振りで伝えてみるとスマホを渡され出てみると電話の先は英語を話す男性。
オーナー?とかなのかは分からずバイク壊れて困ってると伝えてみました。
電話口だとよく聞き取れず困ったけどどうやら修理屋さんにホテルの男性が連れて行ってくれるよう。
旦那がバイクを取りに行って、すぐ近くのバイク屋さんに持って行ってくれました。


そこから私はひたすらそのホテルのロビーで待機。


スタッフの女性と筆談で会話を試みるも無理すぎて挫折。
女性は親切にウォーターサーバーの水をコップに入れて出してくれて、

(冷水のボタンやったのにまさかのお湯やった。嘘やろ。)

そのあとお子さん?らしい子供とひたすら「あー!」「うー!」とノンコミュの交流を続ける私。
言葉が通じない世界って疲れる。。。。


結局2時間くらい全く音沙汰もなく、通信手段もなく、ただ待つ私。。
ふとスタッフの女性にスマホを渡されて出ると、日本語!!!
どうやら女性の知り合いで日本語を勉強している人にわざわざ電話をかけてくれた様子。
たどたどしい日本語で言われたのは、
「あなたの借りたバイクは壊れた箇所が多すぎて直せない」
「ゲストハウスの人がそこまでピックアップに行くので待っていること」
「旦那さんはバイクの修理屋にいるので心配しないで」

あー助かった~と思い、ありがとうと伝えて電話を切って1時間。
いつピックアップ来るんだろう。。。(もうやだ)


もうこりゃどうしたら良いんだろ??状態だけど動くわけに行かずさらに1時間ほど。
スタッフの女性が近所の女性を連れてきました。子供も抱っこしてきた。
その人は筆談混ぜつつなら英語で話せる!!
ただし会話は思い出すかぎりざっとこんなかんじ。

女性「バイク壊れたんやろ~迎えに来るん?」
ナナコ「せやねん。一応ゲストハウスの人が迎えにくるらしい。」
女性「いつくるん?」
ナナコ「知らへん。。」
女性「そっか。。ていうかいくつ?仕事してんの?」
ナナコ「30歳やでーいま仕事やめて旅してるねん。明日はハノイを目指すよ」
女性「私26歳。この子は13ヶ月やねん。子供って忙しいからなー私働いてるけどもう忙しくてしゃーないねん」
女性「いつ結婚したん?子供居るん?子供好き??」
ナナコ「去年の夏にねー。子供は好きやけどおらんよ。」
女性「ゲストハスに電話してタクシー手配した方がいいんじゃない?」
ナナコ「(突然話戻る!)でもSIMカードなくて電話できへんねん。旦那もどのバイク屋いるかわからへんし、、」
女性「ベトナムは時間むっちゃゆっくりやからなぁ、でもそれなら待っといた方がいいんかな」
女性「ていうかゴルフ好き?」
ナナコ「(突然!!)ゴルフはやらへんなー。ベトナムの人よくやるん?」
女性「うん、男性はね。私ハノイに仕事で住んでるねんけどハノイは寒いからホイアンの方が好き」
ナナコ「(!!??)」
女性「日本はみんなフレンドリーで街が綺麗で好きよ!」
ナナコ「(!!!!????)そっか。私はベトナムはご飯が美味しくて好きだよ」
女性「ハノイってどう行くん?バス?明日のいつでるん?」
ナナコ「・・・明日の朝にバスがでるよ(疲)」

みたいな!話が!飛びすぎませんか!!
もう疲れたよ、、( ;∀;)
もう16時近くになってゲッソリ気味な私。昼前には出発したのに。。


と、そのとき!
バイクで旦那が戻ってきた!!!!!

えっバイク直らへんのちゃうんかい( ;∀;)

どうやらバイク屋さんを何店舗も男性スタッフが一緒に回ってくれて、
一度は直らないだろうとなったけど最終的に直してくれたらしい。
エンジンオイルがそもそも入っていなかったり元からメンテナンスが全然されていなかったらしい。
途中謎の男性が現れて支払いなどもしてくれたらしく、、謎。
そもそも迎えに来る話どうなったんだろう??
となったものの男性スタッフがゲストハウスに電話はしてくれているようで、
とりあえず再出発することに。
ホテルの皆さん、客でもない外国人を助けてくれて本当にありがとう。
五行山近くのGOLD HOTELというところです!宣伝しておく!英語は通じないけど!!


営業時間ギリギリに入場したので洞窟の方は駆け足で見学。
五行山は徒歩入場のチケットコントロールに誰もいなかったのでタダで見てきました。

五行山から見るホイアン側ビーチ。
去年6月よりずっと開発が進んでいるように思います。



こいつが例のバイク。


*修理代の請求されたらどうしようかと思いましたがされませんでした。


この旅で始めて?起こったアクシデント。
周りのベトナムの方が親切に手助けしてくれて問題なくゲストハウスに帰れました。
実はベトナムに入ってからあまり英語が通じなくなったり英語だとしてもうまく聞き取れなかったりして、
ちょっとメンタルしんどいというかベトナムしんどいなぁと思っていたので
今回のアクシデントで皆がすごく親切に接してくれるのはすごくありがたかった。
まだまだしんどいところは多いですがこれを機にまだまだ楽しんでベトナム過ごせそうです。

ま、ゲストハウス帰ったらベランダに干してた洗濯物が全く乾かず生乾き臭を発していたりして
まだまだメンタルゲッソリ案件は続きますが。。
なんでこの天気と気温で乾かんのや。。湿度が高すぎる。。
せっかくバルコニーあるやん!と大量に洗ったのに。。泣


まだまだベトナム旅つづきまーす。
次回あたり春節に巻き込まれた話でも描こうと思います。
  1. 2019/02/03(日) 07:00:20|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0

【ベトナム】ニャチャンで泥風呂体験!

少し間が空いてしまいました。
怒涛の勢いでベトナムを北上して現在はハノイにいます。
少し振り返ってニャチャンでの泥風呂体験を書いてみようと思います。


ベトナム北上で選んだのは2晩連続のスリーピングバス。
・1/28 ホーチミン→ニャチャン
・1/29 ニャチャン→ホイアン

ベトナムの大手旅行会社のシンツーリストで手配をしました。
安心を買ったのが選択の理由の一つですが、今回はいろいろタイミングが悪く、、。
想定していたより値段はかなり高くなってしまいました。
(また別記事にまとめます。いつになるやら。。)


ニャチャンに到着したのは早朝6時ごろ。
シンツーリストのニャチャンオフィスにメインザックをデポさせてもらい、
近くでレンタルバイクを借りてニャチャン郊外の教会やお寺を見学。

その後、湿気でベタベタだし2晩風呂なしはちょっと辛い!ということで泥温泉へ。
Tháp Bà Spa


ケチなので泥温泉が体験できる一番安いコースにしました。
内容は↓
・泥温泉15分(混浴)
・ミネラル温水30分
・温・冷プール利用
・水ボトル1本

*スマホ持って行ったけどドロドロになるので写真ほぼなしです。
*水着姿の他の人たくさん写っちゃうし。。


まず水着に着替えてロッカーに荷物を全て預けます。
案内された先でシャワーを浴びて、広めの浴槽に入るよう言われました。
洗った後に泥温泉をドバドバ注いでくれます。


ちなみに高いコースだと1人用の浴槽を使えるそうな。



ちょっとずつ溜まってきた。
最終的にはみぞおち辺りまで注がれます。
泥の粒子はかなり細かくて、全然重くないサラッとした手触り。
死海のようにプカプカ浮きます。不思議。

この泥温泉、「温泉」とありますが外気温と同じ温度。
この日は小雨も降っていて薄手のパーカーを着てもいいかな?という気温。

むっちゃ冷たい

それでも汗だくの体にはとても気持ちよくて、
体も顔もたくさん泥を擦り付けてきました。

結局15分以上たってもスタッフさんが放置するので心いくまで入ってきました。笑
途中おなじ浴槽に入っていたベトナム人のおじさまと写真撮影したり雑談したり。
30分以上入っていたのでさすがに寒さが限界になって出ました。


泥温泉を出た後はシャワーで泥を洗い流します。
(本当は乾くまで太陽にあたっとくみたいですが寒いので割愛)
温水だったのでよかったけど水着の中までどろっどろ!!

ただ、一生懸命洗い流すと肌はつるつるすべすべ!!
毎日日焼け止めを塗っててちょっとザラザラが気になってた顔もスッキリしました。
泥のミネラルのおかげ??


体を流した後はミネラル温水の浴槽へ。


あったか~い。ぬくぬく~(^◇^)
ただここは15分くらいで終わりだよーと追い出されちゃった。なんでや。。


出たところで水のボトルを貰ってプールエリアへ。
温・冷水プールと滝、プール周りにはデッキチェア。
プール周りのデッキチェアでは飲み物や食べ物も頼めるみたいです。

ザ・リゾート!どう過ごせばいいか分かりません!(イラチ)

結局温水プールでちゃぷちゃぷして滝にちょっと打たれて早めに帰りました。
おかげでスッキリしてまたスリーピングバスに乗ることができました。
ずっと泥と水につかってて少し疲れた?のか安眠。


ベトナム縦断はまだまだ続きます。
次はホイアンでの出来事でも。


では~(^◇^)ノ
  1. 2019/02/02(土) 21:57:22|
  2. ベトナム
  3. | コメント:0
前のページ

プロフィール

nanako

Author:nanako
黒猫と暮らしています。
旅と登山が好き。
小麦と蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01より世界一周旅スタートの予定!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (5)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (1)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (5)

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR