FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど世界一周挑戦中!

【EBCトレッキング】 Day4 : Numche(3432m) → Tengboche(3825m)

エベレスト街道トレッキング4日目
Tengbocheまで進みます。

朝起きると昨夜の雪はしっかり積雪。
というかむしろ現在進行形で降っている。。


先行きの不安を感じつつ朝ごはん。
今日もおかゆにしたら、塩昆布が乗っててうれしい。


出発前にオーナーが今後の行程とロッジのおススメを教えてくれました。
Tengbocheのロッジには連絡して部屋を確保しておいてくれるとも。ありがたい。



まだ雪はやまず、カッパを着込んで出発。
Namuche→Tengboche間はエベレストが見えるビューポイントがあって、
ロッジであった日本人女性2人組も写真撮ってなかなか進まなかった!と言ってたのですが
さすがにNamucheに3泊は長いな、、ということで。天候回復を期待。

途中までは昨日と同じ道。
前日と比べて荷物が格段に重いので、息がちょっと苦しく感じる。






前日は左に行った分岐を右へ。
分岐を過ぎたところで雪がやんだので、速攻でカッパは脱いでしまいました。





しばらくトラバースをしながら進みます。



渓谷を覗き込むと2日前に通った吊り橋が見えました。
雪が積もってるラインがくっきり見える!



ふと視界が開けて、ローツェとエベレストが正面に!
ローツェの根元は見てたけどてっぺんとエベレストは雲の中でした。
ここ晴れてたら景色いいんだろうなぁ。。


そのあとはゆっくりと高度を下げていきます。
おそらく写真正面の高い方にある村がTengboche。
その下に見える村は通過するKyangjuma?かな??


あーあそこまで下ってまた登るんか・・・とちょっとげんなり。
天気が悪いとなかなかテンションが上がらない。


地道に進んでSanasaを通過。
ここで昼食を撮っているトレッカーもいましたがまだ下りきってないので、
川沿いまで残り2.5キロくだっちゃうことに。スニッカーズでカロリー補給。

Sanasa。小さい可愛いらしい村でした。

Sanasaを過ぎると雪も無くなって、杉林の中を下る感じ。
杉の葉が落ちて地面が一面赤茶になって日本の秋の低山みたいでまったりした。





そしてやっと着いた底の村、Phunki Thanga。
川を渡る橋の横のゲストハウス兼レストランで食事。
時間は11時45分くらいだったかな。
茹でジャガイモチーズ乗せにした。






小ぶりのジャガイモ5つ6つ分くらいありそうな量。
ほっかほか!甘みが強くて美味しいじゃがいもでした。
卓上の塩胡椒ケチャップも使ってぺろり。お腹いっぱい。満足。


12時半頃、トイレ借りて水も汲んで再出発。
橋の下の川は昨夜の雨のせいか水量が凄いことになっていました。


対岸からはひたすらに登り返し。
左手緑色の屋根、チケットチェックがあったけど無人だったのでスルー。
右手の小小屋はマニ車。
水の勢いで回す仕組みだけどいくつかかあるうちの一つしか動いてなかった笑





3300mから3650mまではつづら折りでひたすら登る。
ポーターさんに道を譲ったり下りてくるヤクやロバに道を譲ったり。
3回か4回の休憩で無事登り切りました。
欧米人は力強くスタコラサッサ歩いてすごい。ポーターさん雇う人多いのかな。

そういえば、ナムチェを超えるとポーターさんはほぼスニーカー。
サンダルは1人しか見なかった。
それでも日本人の町歩きスニーカーレベルだけど。。すごい。


14時20分頃、Tenbocheに到着。



村の入り口にはお寺への入り口もありました

TengbocheではオーナーオススメのHOTEL HIMALAYAN。




アンドルジュがメッセージくれてたわよ!ということで(たぶん)良い部屋に通してくれた。
ルームチャージは500ルピー。
部屋の窓からは軍の訓練なのか迷彩服をきた男性たちがたくさん見えました。


食事はNamucheよりちょい高めみたい。
18時に夕食のダルバードを注文しておいて、散歩。

ロッジのすぐ横にあるチベット仏教の僧院(修道院)にお邪魔しました。



黒いのは丸まって寝ている犬。笑

内部は写真・動画撮影は禁止。
入ってすぐ正面には大きな仏像があって、サイドには小さめの立仏像も何体か。
エメラルドグリーンの壁には仏画がびっしり描かれていました。
天井は3×3くらいの格子状になっていて、こちらも見事に装飾されていました。
柱の横には金糸で刺繍された布をたくさん垂らした飾りが天井から吊るされていました。
この厳しいヒマラヤの環境でこんな見事な装飾が。。と圧倒されます。
中はまるでひとつの別世界のようです。

あとはビューポイントっぽいところにも行ってみましたが、
ガッスガスでいっそ清々するほど何も見えなかったので16時頃にはロッジに帰還。
お湯沸かしてロイヤルとグルテンフリービスケット。うまいー!癒されるーー!!



夕飯のダルバート!
塩気は気にならず、この時点でネパールで一番美味しい!
スープもご飯もおかずもお代わりしてもりもり完食。


ロッジの宿泊客はほぼ欧米人でした。
アジア人は15%くらいかな?日本人には会わず。
殆どのグループがガイドをつけてるみたい。
ガイドさんはゲストの食事状況をみておかわりを注文したり、
何か飲み物を注文するか聞いて回ったりととても甲斐甲斐しい。
日本人がガイドつけないのはケチなのもあるけど英語が出来ないからかも。


夕食後部屋に戻ると室温は1度。
ダウン、ダウンパンツ、象足を装着すると寒くなく快適。
21時頃に一旦就寝しました。


23時半ごろ起きて星空撮影。
部屋からエベレストとローツェが見えました!!
部屋の中から撮影したとはいえ、長いこと窓を開けていると寒い。
1時間くらいでやめてまた寝ました。zz




エベレスト街道トレッキング4日目おわり。
積雪・降雪のなかのトレッキングになりましたが順調に進みました。
翌日はさらに高度をあげて4000m級に突入します。

  1. 2019/04/15(月) 03:12:42|
  2. エベレスト街道トレッキング
  3. | コメント:0
<<【ネパール】インドビザ申請その① | ホーム | 【EBCトレッキング】 Day3 : Namche(3432m) → Khumjung(3769m) → Khunde(3838m) → Numche(3432m)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
黒猫と暮らしています。
旅と登山が好き。
小麦と蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01より世界一周旅スタート!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (2)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (4)
エベレスト街道トレッキング (16)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR