FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中

【EBCトレッキング】Day17 : Namche(3432m) → Surke(2353m)

エベレスト街道トレッキング17日目。
トレッキングもいよいよ終盤。Surkeを目指して進みます。


朝6時半に起床、7時に朝ごはん。
お粥。
胃への負担が軽くて安心して食べられるってだけで幸せ。


オーナーによると、KharikolaからPhapleまでのジープは
時間が大体4時間、料金は2000RSとのこと。
わざわざ問い合わせしてくれたみたいで何あら何までありがたい。
他にもアンナプルナトレッキングのルートもいくつか教えていただきました。

ゆっくり8時半に出発。
帰りはストゥーパの方からNamucheを出ます。
水力でマニ車を回す仕組みがありました。ぐるんぐるん回ってた。



さよならNamuche。


Numcheからはただひたすら下ります。
行きはヒーヒー言ってたところもすいすい。
ただ、前2日で降った雪と雨で道はドロドロ。
ヤクやロバの糞と泥が混ざって大変なことに。。

気づけばあっという間にビューポイントに到着。
フリートイレを借りて、小休止。

エベレストも一応もう一度撮影しておく。

そこから下はたくさんのポーターさんが続々と登ってきました。
全員大荷物。ビールの段ボールとかをがっつり積んでいました。
このドロドロの道の中滑らないのなんで・・・?

ビューポイント過ぎて、おりてくとすぐに吊り橋。
Tabocheも見納め。

ポーターさんの荷物の大きさ。





ここの景色がとても良いのでおススメ。



この吊り橋のあと、往路では通れた河原のルートは通れなくなっていました。




Monjoについて国立公園入り口を見ると大行列!

吊り橋を超えて登り返してMonjoへ。



ここ何日か天気悪かったから今朝に一気に来たのかな。
これ国立公園入場に時間かかるだろうなぁ。


その後も続々とトレッカーが登ってくる。

そしてチケットコントロール。
チェックアウトのスタンプを押してもらう。
長いこといたなぁ~!!





振り返って1枚。


チケットコントロールを過ぎると桜がたくさん咲いててまるで日本の田舎道。
日本人が植えた桜だそうです。



1日目に宿泊したBenkerは何事まで戻って来ました。
Benkerにもきれいな桜の木。満開でした。






お昼ごはんはPhakdinngの予定だった。
ただあまり進まず、、Toc tocの手前でランチすることに。
アルファ米の赤飯とドライカレー。
もう気温が高いのでお湯を注いでから象足に突っ込む必要もなし。



お昼ごはん食べた場所から。ポーターさんが大勢行き来してました。


さて再出発、となったところで見たことあるウェアのトレッカーが目の前に。
一瞬誰だっけ?と思ったらまさかの!!Gokyoで会ったバングラデッシュ人男性!!
お互いに大盛り上がり。
Renjo Laは雪で何も見えなかったよー!
このルートでNumcheに戻ったよ!
とか別れてからの数日について話す。
彼はこれからLukulaに行って、飛行機とジープでカトマンズを目指すそう。


Phakdingを超えて、さらに下ってNurning Ghatでコーラ休憩。


高度を下げるにつれルート沿いにはたくさんの畑が。
ベジカレーやダルバートで使われている青菜がたくさん植わってた。
美味しそう。。

コーラ休憩の時点でもう15時前。
頑張ってSurkeまで行こう、と決めてそこから少し登り返し。
黙々と登る。


Cheplungで行きの道と違って右にそれて、Jili方向へ。




ローカルな雰囲気のルートです。
家も少なくて田舎のステキな風景。






空港の真下あたりの村では馬がたくさん飼育されてていました。



たまにトレッカーが登ってくるけど下りは私達以外ほぼ出会わず。
暗くなるとやばそうだね、と急ぐけど足の裏丸っと取り替えたいくらい疲労。
足もげる。。足の裏取り替えたい。。


このルートは本当にたくさんロバに出会いました。
一気に何十頭も来てどんどん荷物を運んでいく。
私たちはひたすら待つか合間を縫って進みます。



ロバの集団がやって来る。避けられる場所を探しながら進む。




Surkeには17時半に到着。
疲れていたにで村入ってすぐのロッジ。
標高下がったせいか暖炉はありませんでした。

写真は翌朝撮影。


ブランケットなし、寝袋あってよかった。

晩ごはんはダルバード。
まさかのダルがパクチーネ入り。
ネパールでもパクチー食べるんだとびっくり。
全部少しずつお代わり。


お代わりもしたのになんだかお腹が減ってる。。
結局フライドポテトを注文。

*フライドポテト=じゃがいも炒め。
*揚げじゃがいもが食べたい場合はフレンチフライ。

隣の席の男性二人組もスパゲティ追加でもう一皿頼んだり、
ソロトレッカーの欧米男性1人も夕方に麺食べてたのにダルバード食べたりで、
ロッジのおかあさんは「こいつら何やねん状態」だったかも。笑
ご馳走さまでした。

この日は21時ごろに就寝。
9時間のトレッキング、下りがずっと続いてちょっと疲れました。
翌日も10時間以上のトレッキングコース。


エベレスト街道トレッキング17日目おわり。
下りがずっと続いて足が疲れた1日でした。
トレッキングもいよいよ終わりが見えてきました。




  1. 2019/04/23(火) 11:21:34|
  2. エベレスト街道トレッキング
  3. | コメント:0
<<【EBCトレッキング】Day18 : Surke(2353m) → Kharikola(1994m) | ホーム | 【EBCトレッキング】Day16 : Lungdhen(4393m) → Namche(3432m)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (6)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR