FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど世界一周挑戦中!

【EBCトレッキング】Day20 : Phaplu(2436m) → Kathmandu

エベレスト街道トレッキング20日目。
いよいよ最終日。この日もジープでの移動だけです。


早朝、4時半起床。外は真っ暗。
部屋の小さな明かりで準備して15分後には出発。
ゲストハウスの正面にはたくさん野良犬が集まっていました。
私の手持ちの袋に入っているビスケットとかが気になるよう。
ダメだよーといってナデナデしたら大人しくされるまま。可愛い。
それなりの標高で寒いところのせいか毛がびっしり生えててふかふかな撫で心地。
可愛い。犬飼いたいなぁ。

5時頃にジープに乗り込みました。
ちなみに手配は宿泊したゲストハウスでお願いしました。


助手席が良かったけどそこはダメと言われたので中央席の右側に。




5時20分に出発。
ジープの窓が空いていてダウンを着たいくらい!
しまった屋根の上の荷物の中。我慢我慢。
乗客は5人。運転手、手伝いスタッフ?1名の計7人でのスタート。
Phapluも向かいの山の村も街灯が煌々と点いててなんか変な感じ。
前日と違って舗装されてる道なので大きな揺れもなく快適に進む。

このまま乗客が増えなかったらいいな~なんてのは無理なお願いでした。
1時間もしないうちに近隣の村でピックアップ。
若干小太り男性3人が乗り込み。。うぅ。。残念。。
中央列に4人でギチギチに座って進みます。
通る村々で荷物や乗客がいないか確認しながら進むのは昨日と同じ。


8時少し前、そろそろお腹減って死にそうになったところで休憩。
ネパール人の乗客について地元の食堂のようなところに入ってみました。
ジャガイモのカレー炒め、豆のカレー炒め、揚げパンのようなものを食べました。


揚げパンみたい、というのは右にあるドーナツ状のもの。
一口食べた旦那が「これ、、お米かもしれない。。」と一言。
確かに断面はあんまり小麦っぽくない。
ほんの少しだけかじってみると確かに米のような甘みと粘り。
流石に怖くてほんの一口以上は食べられませんでした。
ジープの運転手さんに聞いてみたけどうまく通じなくて原材料は分からず。

****
あとで調べたら米粉の揚げドーナツです。
セルロティといって米粉、砂糖、ギーが原料。
ミルクティーと豆、ジャガイモと食べる軽食らしい。

まれに小麦やバナナと混ぜることもあるそうなので確実にいけるとは言えません。
あと、サモサとかも同じ鍋で揚げていることがほとんどなので結構危ないかも。

****


系食後、再出発。
3列目の乗客が1人下車したようでイギリス人のお姉さんが元気になりましたが、
直後に乗客をピックアップしたのでまたギチギチで残念そうだった。
あきらめろ。笑

そこからしばらく進んで、私も旦那も少しウトウトしたところで峠越え。
ふと右後ろを見ると冠雪のヒマラヤの山々が!!かなり近く見える!!
たぶんOkhaldhungaという村です。(教えてくれた人のメモ曰く)
ドライバーさんにチップを渡せば停まって写真撮る時間もくれるそう。

このビューポイントの近辺は椿?のようなな花がたくさん咲いてて綺麗でした。
椿園みたいなとこもあって、そこにバスで来てるらしいネパール人観光客もたくさんいました。

前日から2日連続でジープでぐっと下ってきて思ったのが、
3日以上前の高標高と変わらない石造りの家が続いているということ。
(もちろん作り込みの具合は標高によってだいぶ違うかもしれませんが。。)
村によっては標高が何千メートルも違うこのヒマラヤ山系で、
ほぼ同じ形の家がどこでも建てられているのってなんだかすごい。
ただ、タルチョはほとんどなくなりました。
ここまで下りてくると流石にチベットから離れるもんなぁ。。


この後、気温がぐーんと上がって停車のタイミングで脱いで半袖になりました。
川まで降りてきて、さー渡るぞの前に突然のタイヤ交換。




えっ今?という感じ。
確かに左前のタイヤつるつるやけど。。スペアタイヤもつるつるですやん。。笑
私はタイヤ交換自体を近くで見るのが初めてなので楽しく待てました。
慣れているようで彼らの作業はあっという間。

タイヤ交換を終えて再出発。
川を渡って、まさかのまた登って、村々を抜けて進んで10時半頃にまた停車。
次はランチタイム!食堂のようなところに入りました。




ダルバードはベジかチキンを選べたのでチキンに。
写真とは別に、濃厚なチキンカレーも提供されました!うまーー!
お米も炊きたてほっかほかあったか。
ごはん、スープ、おかず全部お代わりしてお腹いっぱい。
1人前250RSでした。安い!すてき!!
トレッキング後半はずっと「ダルバート飽きた」と文句を言っていたのに。。


そこからはひたすら走るだけ。
休憩は2回。
2回目。
ネパールの人が半分にカットしたキュウリに何かペースト状のものを塗って食べていました。
美味しそうと思って買ってみたら外国人だからかペースト塗ってくれへんかった。ちぇ。
もしかしてめっちゃ辛いのかも。
ネパールのキュウリはウリみたいに大きくて、ジューシーで美味しいです。


3回目。
もうすでにぐったり。
カトマンズまではあと数十キロまでに近づいてるので頑張る。



時間をメモするのを忘れていたので何時かわかりませんが、、。
多分16時すぎ。
ずっと座り続けてお尻が痛くてもうやだ!って頃にでカトマンズの空港近くまで到着。
恐ろしい渋滞で全然進まない。
1ブロック進むのに10分以上かかってる。
東南アジアの渋滞なんて全然大したことないよ!!!

結局よく分からんところでカトマンズ到着てことで下車。
ドライバーさん長時間ありがとう。




場所はたぶん空港よりすこし東側の大通り沿い。
タメルまで歩くと言うイギリス人のお姉さんを引き止めて、
私たち2人とフランス人のお兄さんと4人でタクシー。
割り勘でひとり100RS。

17時45分頃にタメルに戻ってきました。
そこからてくてく歩いて18時前、トレッキング前にお世話になった宿に戻ってきた。
HOTEL RISING HOME。
タメルから少し北に離れていますが静かだしホットシャワーだしwi-fiも安定してます。




レセプションにいたオーナーは私たちふたりのことを覚えてくれてました。
どこ行ったのか聞かれたのでコースや日数を教えたら頑張ったねって。えへー。
部屋が空いてたので預けた荷物も回収してチェックイン。あー疲れた。。


とりあえず晩ごはん。
タメルの日本料理「絆」で味噌焼き丼!


日本食への感動は思ったよりなかった。笑
でも美味しくぺろりといただきました。ごちそうさまでした。

帰りはスーパーでジュースやお菓子も買って、部屋でお疲れ様会。
長かったけどたくさんいい景色も観れたし、
色んな人に出会って仲良くなって、楽しい20日間でした。
まぁしばらくは山はいいわ!!!笑



エベレスト街道トレッキング20日目おわり。
無事にカトマンズに戻ってエベレスト街道トレッキングが終わりました。
3週間近くも山で過ごすなんで初めて。
軽い高山病にはなったけど怪我やアレルギー発症もなく無事に終えて良かったです。

これにてトレッキング記録は終わり。
最後に利用した各ロッジ・レストランのメニュー一覧のページを作りたいと思います!
食物アレルギーの人もそうじゃない人も参考になれば。

  1. 2019/04/25(木) 01:00:55|
  2. エベレスト街道トレッキング
  3. | コメント:0
<<【EBCトレッキング】利用ロッジ、レストラン メニュー一覧 | ホーム | 【EBCトレッキング】Day19 : Kharikola(1994m) → Phaplu(2436m) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (2)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR