FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中。PC閲覧推奨。

【インド】バラナシ。ガンジス川でバタフライはしない。

リアルタイムはインドのオーランがバードにいます。
インド入国ご早くも2ヶ月半が経過。
最南端カンニャクマリに到達し西インドを北上中です。

ブログがどんどん遅れていく。。頑張ってインド初回記事、バラナシ!


バラナシは、インドのヒンドゥー教の一大聖地。
ガンジス川沿いにはガートと呼ばれる階段状の親水施設が並び、
インド中から人々が沐浴をしたり、プジャ(礼拝儀式)を見に訪れます。

また、有名なのはガンジス川沿いに2つある火葬場。
24時間火が絶えることはなくご遺体を燃やし続け、その遺灰をガンジス川に流しています。


昼前にバラナシ駅に到着した私たち。
オートリキシャ(三輪タクシー)のおじさんと交渉して宿へ。
部屋を見て、オーナーの奥さんが日本人のゲストハウスにしました。
予定していたゲストハウスはオートの進入不可エリアらしく、
移動中で荷物が大きいので歩くのしんどいね、ってことで。(軟弱)
お子さんがヒンディー語、英語、日本語のトライリンガルなんですが、
日本語がまさかのコッテコテの広島弁なのでちょっと度肝を抜かれます。


時系列はバラバラですがバラナシでの出来事をつらつらと。

≪不要荷物を日本へ郵送≫
ネパールでのトレッキングで荷物がかなり増えた私たち。
捨ててもいいけどもったいない、というのもあって、
ネパールで買ったおみやげとともに旦那実家にまとめて送ることにしました。
郵便局へはサイクルリキシャ(人力車の自転車版)で。


郵便局前の小さい小屋で包装してもらいます。
ダンボールに荷物を詰めて、まずは布をちくちく縫って包みます。
適当にカットした風に見えた布はおじさんの手にかかるとぴったりサイズ!すごい。


そのあと蝋で縫い目を止めて、ミイラのような梱包が完成。


これで300ルピー。
おじさんはドヤ顔。いやいや見事です。
宛名や差出人などを記入して郵便局に行くと、
カウンターの中に入れてくれて(いいのか!?)重量図って会計、おしまい。
梱包のおじさんも局スタッフの人もみな親切でした。
中身チェックとかも無かったし想定してたよりだいぶ安かった。
これなら気にせずもっと入れたら良かった。笑



≪ガンジス川沿いを散歩、夜はボートにも≫
バラナシといえばガンジス川。

まずは朝の風景。






朝日とともに人々が沐浴を開始。
金属製のカップでガンジス川の水を汲んで頭の上に掲げたり、
頭の先までガンジス川にドボンと沈んだり。
横では子供が泳いで遊んでいたり洗濯をしたり。
客引きもいなくて静かな時間がすごせました。



昼から夕方にかけて。
ガンジス川沿いに散歩。




THE・インドといったらコレ!という風景。
日の出直後だけでなく、日中も沐浴している人は多いです。

川沿いから一歩入るとそこは細い路地が続く市街。
ラッシーを食べたり、お土産物屋さんをひやかしたり。
バラナシは野良牛が多いですが、細い路地にもたくさんの牛が。。じゃま笑



そして夜のガンジス川。
夕暮れごろからボートに乗ってみました。


Dasaswamedh Ghat。
毎日プージャと呼ばれるヒンドゥー教のお祈りが行われています。




ちなみに近くで見るとこんな感じ。



そしてこれはマニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat)
火葬場です。


ネパールと同様、ご遺体を清めてから薪で焼いて灰は川へ流します。
ガイド(*)とボート漕ぎのお兄さんから聞いた話だと、
・1日150~250人が火葬される。

・下段は身分の低い人、中段、上段になるにつれて身分の高い人。

・火葬場すぐ下の川の中でザルを使っている人は灰を洗って金や銀を探している。
これは遺族へ返すのでは無く火葬場の運営資金になるそう。
ちなみに1遺体を焼くのに10万円くらいかかるとも。

・家族は泣いてはいけない。故人が解脱できないから。

・遺族がやる作業は主に2つ
①頭の遺骨を割って魂を解放してあげる。
②喪主が背中越しに水の入った瓶を遺体に投げて、生者と絶縁する。
ちなみに喪主(長男子か末男子)は剃髪して白い服を着る決まり。

・子供、妊婦、動物、蛇、僧侶は燃やさずに石をくくりつけて川に沈める
12歳以下の子供はまだ神の領分にいるから、蛇は神の使いだからだそう。

(*)
歩いていると同じ速度で並走して勝手に説明を始めるめんどくさい奴がたくさんいます。
まぁ面白いので別にガイド料は相当分渡すのですが、
・運営用の薪代として募金してくれとか(焼き費用が10万円て言うてたやんか)
・募金は200RS以上じゃないとダメだとか(それ募金じゃなくてカツアゲや)
・あなたの生前のカルマを消すための募金だとか(私らヒンドゥー教徒じゃないんですが)
・ちょうどないなら小銭で50RSでいいからとか(もはやこの状態→_(:3」z)_)
とか結構めんどくさい。



バラナシでのメインイベントはこれくらい。
他には外国人用カウンターで次の目的地までの鉄道チケットを買ったり、
バラナスヒンデゥ大学内にあるVishwanath Templeに行ったり、

これは復元、元は旧市街にあったが破壊されていまはモスクが建っています。

ガンジス川を超えてラームナガル要塞に行ったりしました。



入場料は外国人200ルRS。インド人50RS。
王家の武器コレクションに日本刀?がありました。交易あったのかな。



滞在中、バラナシは日中気温が40度超え。
夕方になってもオーブンの中にいるような暑さ。
つい最近までトレッキングでフリースを着ていた私たちにはなかなか辛い。。

ということで、北上します(・ω・)笑
ネパール国境近くの避暑地、ダージリンへ!!
移動、観光とまたアップしていきます。

  1. 2019/07/16(火) 19:58:11|
  2. インド
  3. | コメント:0
<<【インド】気温16度!快適なダージリンで世界遺産の山岳鉄道を体験① | ホーム | 【国境越え】ネパールからインドへ(ポカラ→スノウリ→ゴラクプル→バラナシ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
日本 (4)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (28)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR