FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中。PC閲覧推奨。

【インド】大型台風直撃後のプリー

リアルタイムはインドのジョードプルにいます。
漫画「ワンピース」で舞台になったと言われている町ですが、
読んだのがだいぶ昔でもう話も覚えていません\(^^)/


ブログは遅れに遅れまくって、コルカタの次はプリーという町へ。
シッキム州の田舎町で、ビーチリゾートのような場所だそう。
有名な日本人宿があり日本人バックパッカーもよく来ます。
ヨガの資格を取得できるプログラムとかあるので興味ある方は是非。
インドヨガ留学 全米ヨガアライアンス-RYT200-資格取得コース

プリー行きに話を戻して。
私たちも当初その日本人宿で食べられるという刺身が目当てでした。
ただ、コルカタで聞いたところその月の始め(2019/05)に大型サイクロンが
プリーを直撃して大きな被害がありまだ電気などが回復していない可能性があるとのこと。
そもそも旅行客の受入をしているかも調べようがなく、
予定をチェンナイ行きへと変更しようとしました。。が。
インドの夏休み期間ということもあり列車が全然取れない\(^^)/
外国人用枠やタカルという直前予約枠も試しましたが、全然取れない。
ふたつとも割高だし金出せばなんとかなるかなと思いましたが甘かった。
本当に1週間先とかまで予約できないんですよ。。泣
ということで、チケット取れるまでグダグダしてもしょうがないので、
いっそ何もないかもしれないし寝る場所もないかもしれないけどプリーに行くことにしました。

*****************************************************************************
ちなみに、、これで懲りてインド列車予約サイトやアプリの登録をしました。
IRCTCという公式サイトと、IXIGOというアプリを使っています。
最初はCleartripというアプリを使う予定がうまくIRCTCと連携出来なかったので。
登録からチケット購入できるようにするまでほぼ1日かかりました。ハァ。。

インド国鉄はえげつない数の路線と列車がカオスなスケジュールで動いています。
そして駅構内の発券・予約システムは未だ黒画面。
IRCTCは消して使いやすくはないし謎なIFや画面遷移、内容不明なエラーダイアログも多い。
元システム屋としては「これよく機能してるな・・・」と思いましたが、
遅延あたりまえダブルブッキング頻発・・と、決して「よく」は機能していないです。
*****************************************************************************


またまた話は戻ってプリーへの移動。
出発はハウラー駅。




かなり大きな駅でした。
どの駅でもですが、特に夕方からは構内は寝るインド人だらけ。
お弁当を広げてピクニック状態の家族もたくさんいます。

プリー行きはやっぱりサイクロンの影響もあってか車内もガラガラ。
乗客が少ないからか寝具も有料希望制だったので、寝袋出して寝ました。(貧)


早朝に到着したプリー駅は驚きの光景でした。
吹き飛んだ屋根になぎ倒されたホーム施設。
思っていたよりひどい。




一応Booking.comで安宿は予約してきたけど本当に稼働しているかな。。
と思っているとやっぱりダメでした。
停電が続いていて予約の確認ができてないのだとか。
結局、日本人宿に転がり込むことになりました。
インド人スタッフの方が「おかえりなさい」と迎えてくれたときは涙が出そうだった。
停電が続くなか1日に数回は発電機を回してくれて、
その間はファンが回って暑さを回避できたし、電子機器の充電もできました。
一部制限があったけど食事の提供もしてくれました。(冷蔵庫が死んでいるので肉魚はダメ)


プリーで行った観光について書いてもいいですが、
この記事では当時のプリーの様子について書いておきます。

まずは日本人宿すぐそばの漁村。
サイクロンで屋根や壁が吹き飛んでブルーシートで補修していました。
ただもともと消して豊かな漁村ではないそうなので普段がどんなかはわかりません。








「WhatsAppアカウントはあるか?」(LINEみたいなアプリ)
「Facebookはやっているか?」
「そのカメラで俺の写真を撮ってよ!」
とインド人あるあるなフレンドリーさを見せてくれる村民。

「チャイ飲む?コーヒー飲む?」と言って本当に出してくれる人も。

これは麦芽の入ったドリンクらしくて私は飲めなかった
甘酒みたいな味で美味しいんだけどね。。
そして旅先で安直に出されたものを飲み食いしてはいけません。

海岸線に近い住人ほど、ティータイム中に
「サイクロンで屋根が吹き飛んだんだ!」
「どう君たちはこの村を助けてくれる?」
と聞いてくるし、子供達は
「ハロー!10ルピー!!」
「ギブミーチョコレート!」
などと聞いてきてちょっとげっそり。
まぁ大人はスマホ持ってるし決して今だけじゃない発言だと思います。

こういう態度や発言については人によって反応は違うと思います。
お金あげたら良いじゃん、ていう人もいるけど個人的には何も渡さないようにしています。
ひとりにあげたら無限にあげ続けなくちゃいけない、というのもひとつの理由。
一番大きい理由は彼らは彼らの国の制度で生きているから。
例えば日本は生活保護みたいに弱者のための社会的制度がある。
たとえ国内で度々議論の起こる不完全な制度だったとしても、
私たちはそれに対して税金なりでアクションを起こしているわけです。
それが国外になると、国の情勢や社会的な要因(宗教なり身分なり)で制度が存在しない。
ただそういう国はでは、裕福な人が貧しい人にお金を恵んでいるのを度々見かけるし、
俗に身分が低い(*)と言われる職業の人に手助けをしている人もたくさんいます。
(*)すごく嫌な表現。でもたとえ制度上廃止された身分制度でもすぐに状況は変わらないのです。
つまり、社会的な制度の代わりに個人単位でのアクションが存在しています。
そこに彼らへの理解が十分でない外国人が関わることはないと思うのです。
時間がかかってでも彼らが彼ら自身で改善できる/すべき問題だと思うのです。
薄情かもしれないけどね。



ちょっと話が飛びました。
漁村から離れて、駅まわりや観光地である有名なお寺の近くでは、
私たちが訪れた5月中旬の時点で電気は復旧していました。
ただ私たちの宿泊した宿を含め少し海岸沿いの町ではまだまだ停電中。
臨時のアンテナはサイクロン後に少しずつ立てられたようです。


これは各通信会社による作業のため、ネットの復旧もバラバラ。
例えば私の使っているSIMのAirtelは復旧が早くすぐ通信ができたようですが、
旦那の使っているSIMのボーダフォンは復旧はゆっくり目で通信も遅いそう。

各インフラの復旧は急ぎ必要とされていますが遅々として進んでいないのが現状。
滞在中、ホテルの周りではデモ騒ぎもありました。






どれもホテルから徒歩圏内で道路バリケードのボヤ騒ぎ。
*危ない目にはあってません。
*地元の人も「早く復旧して!」のアピールのためだけであって、暴動ではありません。

このお陰かホテルのすぐ近くの電柱の復旧工事が行われました。




ホテルのオーナーもデモがあった後は目に見えて復旧が進む、と言っていました。
夜毎に宿のルーフトップからみる街灯が徐々にホテルに近づいてきたのも事実。
ただ私たちの滞在中には復旧しませんでしたけどね!!爆笑

ちなみに停電しててファンが回らないので夜は暑くて寝れません
そして蚊が多いのでファンがないと夜中に滅多刺しになります。
蚊帳は貸してくれますが海沿いで湿度も高く室内は地獄のよう。。
なので、ルーフトップで寝ました。
ヨガ留学の受入もやっているのでマットはたくさん貸し出し用のがあるし、
それをコンクリートの床に敷いて毛布や蚊帳を被れば朝まで安眠。



電気の回復していた町中でも足りてなかったのはガソリン。
ガソリンスタンドもサイクロンの被害でめちゃくちゃで、
ガソリンはどこから来たのかペットボトルで販売されていました。




お値段は少しお高め。
公共のバスは動いていました。


そしてこれは臨時の出張型ATM。


ただこいつはその後いくつかの他の都市でも見かけました。
インドはATMが故障していたりATM内の現金がなかったりで使えないATMが多い。
稀に見かけるのでこれは災害の影響だけではないかもしれない。。



と、ここらへんが滞在中に感じたサイクロン被害の状況。
私たちの滞在後、しばらくして電気は復旧したそうです。
ただ、まだまだ完全復旧にはほど遠いようです。

また次の記事で紹介しますがプリーには近くに世界遺産をふくめ有名なお寺も多く、
2~3泊程度から長期でのんびりするにも良い町です。
サイクロンの被害さえなければお洒落なカフェとかレストランも多いそう。

今回はどうしても不便さを感じ思い入れのたくさんある町!とはなりませんでしたが、
特に日本人宿ではオーナー、スタッフさんが私たちのためにしてくれたたくさんの努力がとてもありがたかったです。

夕食のオクラ丼。日本風メニューもたくさん。

早く復旧して活気のある町に戻りますように。
滞在中の観光について、また別記事でたっぷり書こうと思います!


【おまけ】
復旧に向けてクラウドファンディングもありました。
【人生観が変わる海辺町】サイクロンで被災した東インド・プリーを取りもどしたい!
やばいあと1週間くらいしかなかった\(^^)/


  1. 2019/07/23(火) 03:47:56|
  2. インド
  3. | コメント:0
<<【インド】プリー観光 ジャンガナート寺院とスーリヤ寺院 | ホーム | 【インド】コルカタで食べたもの飲んだもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (13)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR