FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中。PC閲覧推奨。

【インド】ハンピ2日目、川南をうろうろ

ザンジバルは雨季に入りました。(4、5月が雨季)
南半球に位置するので雨季が開けたら秋冬です。
いつになったら帰られるのか。


さてハンピ2日目。
この日はホストのプラモードはお仕事?のため自分たちで観光です。
そのため!文章量は少なめでっす!!!

朝ごはんはプラモードが作ってくれました。
米粉のクレープ!サトウキビのシロップも添えてくれました。

うぅぅ美味しい買って帰りたい・・・泣

おうちを出発して、ハンピ行きローカルバスのあるターミナルに送ってもらいました。


バスを降りてからハンピ中心部のヴィルーパークシャ寺院まではたぶん歩くと1時間弱。
オートリキシャやヒッチハイクが便利です。


ただ今回はこの道すがらにいろいろ見て回るので歩きで。
結果、無茶苦茶疲れました。笑


さてひとつめ、Elephant's Stables。






インドイスラム教スタイルでドーム型の建物が繋がったようなこの形。
なんと象の駐車(?)場だったそう!!
駐車場てなんかおかしいな。。駐象場?言い方がわからない。

建物の裏からどっか小高い岩山に登れないかうろうろしてみたけど迷子になっただけでした。
オフラインマップのダウンロードを忘れてて、しかもSIMが調子悪い。
なので場所詳細がまったくわかりません\(^o^)/が、遺跡もちらほら。











ちなみに使っていたSIMはairtel。
購入したコルカタと、プリー以外ではあんまり使えなかった。
プリーはたぶんサイクロンのあとに宿近くに仮設アンテナが建てられたからかな?
他都市ではまさかの3Gになったり、4Gでもブラウザ検索さえできず。
私のiPhone7が古くて調子悪いにしても不便でゲンナリ。

ただインドはめちゃくちゃSIMが安いです。
1日データ上限が1.5GBと実質無制限レベルなのと、
90日プランで600円くらい。インド羨ましい。


さて次。
すぐ近くにあるLotus Mahal。
王室の女性のための隔離エリア(Zenana Enclosure)にあります。
ハスの花のような形をもった建築物、ていうことです。
アーチの部分とかがそれなんかな?






ハンピでは数少ない有料観光地、しかも外国人はインド人の何倍も高い。
ビジャヤ・ビタラ・テンプル(後述)などにも入場できる共通チケットがあります。
各遺跡のチケット売り場の男性女性はみな親切で明るく、それがすごく良かった。



次、ビジャヤ・ビタラ・テンプル。
ハンピ中心部でご飯食べようと思ったけど開いてる店が微妙でやめた。
川の南をてくてく歩いて行きます。
この道は段差も階段も多いし、車や自転車では大回りになってしまいます。
とはいえ結構な距離があるのでなかなかハード。

川のすぐそばの歩道をてくてく


岩のトンネルを越えたり







道中、遺跡というか寺跡がたくさん見かけられます。
これらは帰りにみるとして、とりあえず進む。ただただ歩く。


振り返るとヴィルーパークシャ寺院。だいぶ歩いたなぁ。。疲






ということで到着。
まぁここが凄かった!本当にすごかった!!





広い境内


車輪のようなデザインの建築物。プリーのコナーラク寺院のよう。
敗れた王朝がオリッサに流れ着いた(前回記事参照)説に現実味が出るね。


入って建物左側にまわりこんだところかな


さてここからが本番ですよ奥さん!
この美しい柱たちをご覧ください!!










ヒンドゥー寺院人体構造説(前回記事参考)ではここは確か足の部分。
建物内部には上がれなかったので外からの撮影。
外目からしてわかるこの緻密さ!!!

インドの建築物って総じてキッチキチに装飾が詰まってる。
(ハンピは結構ゆったりしたスペースのある装飾だけど)
暑いのに行列で前の人にぴったりくっつくし、インド人って隙間恐怖症?


さて続けるよ。
次はいよいよ頭の部分、神様のいらっしゃるエリアです。



内部から正面外側を見る。





漏れなくこのお寺も神様のまわりをぐるっと回れるようになっています。
回廊は薄暗くて静か。
豪華絢爛な外側とまったく違う雰囲気。


やーやー最高。ビジャヤ・ビタラ・テンプル大好き。
ぐるっと頭をまわって境内を反対側、これはお腹の部分。


たくさんの女性が瞑想していました。
私もせっかくなので静かに座ってゆっくり時間を過ごしました。





入り口ちかくに戻ってきて足の部分を正面から


てな感じで心の中でわっしょいしつつ満喫。
疲れも吹き飛ぶ美しいお寺でした。
おすすめ、ビジャヤ・ビタラ・テンプル。


せっかく歩いてきたのでもう少し先まで歩いていくことに。
地図に「Pushkarini」とやら見つけたので。
これも貯水施設だったんかな?という外見。


この先の道はこんな感じだった。


帰宅時間があるのでそろそろ戻るよ。



帰りは道中の遺跡を覗きながら帰りました。
小高い丘を登ったり寺院跡に入ってみたり。






ひとつひとつじっくり見たかったけどキリがないほどの数。
ハンピは3日と言わずもっとじっくり時間をかけてもいいかも。


ハンピ中心部、ヴィルーパークシャ寺院前に戻ってきました。
ここからホスト宅方面へのバス停までは歩いてまた1時間弱。。
ちょっとこれは約束の時間に間に合わないかもしれない!と慌てて小走り。
偶然通りかかったオートリキシャに乗せてもらいました。
ちょっと高かった。。(100ルピー170円くらい)けど助かりました!
おっちゃんありがとう!!
バスに乗ってホストのピックアップに間に合いました。


ハンピ観光2日めこんなかんじ。
ここからはおまけ。
ホスト宅のある村のお寺にお邪魔してきました。



撮っていいよ~と言われたのでせっかくだし。


司祭さんアイテムたち

建築様式や司祭?さんはヒンドゥー教のそれと同じよう。
ただ、ヒンドゥー教神ではなくサイババという男性を祀っています。

サイババて誰やねんというのをホストのプラモードに聞くところによると、
彼はインドで聖人と言われている男性です。
白い服を着て持ち物は布袋だけ、仏教でいう托鉢のような形で生活していたそう。
食事などを貰う代わりに災いだとかネガティブな要素を取り除いてあげていたとか。
ムスリムの家庭に産まれ、ヒンドゥー教の環境で育ったとされているので、
インドでは宗教を超えてたくさんの人に愛されて敬われている存在です。

一昔前にはサイババの2世だ!みたいなアフロのおっちゃんも有名になったね。
Googleで「サイババ」と検索すると出てくるオレンジの服のおっちゃんです。
彼については私はよく知りませんが、このブログは結構面白かった。
サイババタウン・プッタパルティ① サイババタウン・プッタパルティ②
というかこのブログは全体的にすごくおもしろい

話がとびましたがこのお寺も確かに地元の人に愛されているのか、
私が行った閉門ギリギリの時間でも男性数人がお詣り中でした。
みな見知らぬ外国人にフレンドリーにおいでおいで言ってくれてありがたい。



さて、ハンピ3日めはいよいよ川北!
早起きしてサンライズ見に行きます。

  1. 2020/04/12(日) 20:26:54|
  2. インド
  3. | コメント:0
<<【インド】ハンピ3日め、緑と岩の広がる川北へ | ホーム | 【インド】どこか違う惑星のような景色、ハンピ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
日本 (4)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (28)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR