FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど夫婦で世界一周旅中。PC閲覧推奨。

【インド】それでもやっぱりすごいエレファンタ石窟群

ここ数日、東京は天気が悪いです。
それと同時に私のくしゃみと鼻水もひどいです。
天気予報では花粉はそんなに飛んでないはずだけど。。


今回ポストは世界遺産のエレファンタ石窟群。
ムンバイから船で少し出た島にある、ヒンドゥー教寺院です。
インドでは数々の石窟寺院を見てきたしこれ以後も見続けますが、本当に細かい!
なんで普段のあの大雑把・超雑なインド人にこれが作れるんだろう。

インドを時計回りに周遊するとき、ムンバイ以降の
エレファンタ→アジャンタ→エローラ
と続く石窟群の流れは本当に素晴らしいです。
アジャンタとエローラが凄すぎてエレファンタ石窟群は霞まくりますが。
それでもエレファンタ石窟群は一見の価値ありだと思います。

と、つらつらと「すごくいいよ」感を出してみましたが、
まさかの当日の日記がありませんでした。
(iPhoneのメモに日々残してあるのにこの日だけ無い)
と言う事で、写真見ながら思い出しながら書きます。


朝ごはんは宿の近くの食堂でドーサ。

うまいうまい


石窟群はエレファンタ島にあり、インド門やタージマハルホテルのある港から船が出ています。
インド門の近くに行ったらチケット売りのおじさんがうじゃうじゃ歩いています。
まず間違いなく漏れなく彼らが私たちに声をかけてくるので楽々購入。




乗船に特に予約は不要。
繁忙期は10分おきとかにどんどこ出ているようです。

船からはなんか戦艦が見えました。



エレファンタ島に到着。
移動用の列車がありますが歩いた方が早いです。






なんとなく江ノ島っぽい感じ。
雨季でビニールシートがあるのが残念。
お店は全部お土産物屋で、象の置物とかシヴァ神の人形とか子供用のおもちゃを売っています。


階段をのぼり切ったところで券売機。
外国人600ルピー(1000円位)、インド人40ルピー(70円弱)と言うこの差!
2019年時点でインド国内の世界遺産(タージマハル除く)はほぼ600ルピーです。

けって思うけどResidence、Non-Residenceの区別は他の国にもある


入場して右手、1つ目の石窟がこちら。




斜面を入り口に、奥まで広く石柱の連なる広間になってます。

奥には3面のヒンドゥー教壁窟が。

正面、巨大なシヴァ神の胸像


左側から正面


右側

ヒンドゥー教らしい豊満で躍動感のある石像です。
アジア各地でみる仏教の石像はもっと静かでまっすぐ座ったり立っているし。


広間の中には区切られた部屋のようなスペースもあります。



リンガがお祀りされていました








第一石窟の構造は入り口が北側。
東と西側にもそれぞれ庭のようなスペースに面した副堂?があります。

これは東側

そしてリンガの祀られているスペースは広間の中心より西よりにあります。
ちょっと他では見ない構成。



以降、第一窟より先、奥に順々に進みます。
写真どんどん貼っていくよ。



自撮り大好きインド人







5枚とも第二窟にて。
第一窟のように壁像がしっかり残っている石窟は他にはありませんでした。
長らく放置されていたそうなので雨風の影響かもしれないし、持ち出されたのかも。



一番奥の石窟(第六か第七、忘れた)は立入不可


エレファンタ島の石窟は7つ。
コンパクトながらわりと見応えはあると思います。
でもまぁアジャンタとエローラはこの比じゃないのでそれらの前に行っておくべきかな。。


個人的に面白かったのは石窟以外にも。
第一石窟やチケット売り場の近くにある階段を登った先にそれはあります。



軽いハイキング道を進むと廃墟と言うか何かの施設跡が見つかります。

そこにあったのは錆びてしまった大砲。それも1つではありません。







全く説明が無いのでこれが一体いつのものかは分かりませんが、
まぁここ数十年内のものでしょう。
ムンバイ(旧都市名ボンベイ)はかつてインド最大の港をもつ都市として発展しました。
これらの大砲は間違いなく都市防衛を目的としているはず。
6~8世紀に作られた宗教的な施設と、ここ数十年のこの大砲が同じ島に共存しているのは非常に面白い点だと思います。


さて、帰りも同じようにボートでムンバイまで帰ってきました。
この時は晴れていたのでインド門前も結構な賑わい。


おかげで駅の外観もしっかり見えました。



ムンバイで行きたいところはこれで見終わり。
次の都市のオーランガバードまでは夜行バス移動です。


おまけ
ムンバイの小さい商店でまさかのヤクルト発見!
これだよ~乳酸菌飲料といえばこれだ~~~



  1. 2020/05/20(水) 13:47:25|
  2. インド
  3. | コメント:0
<<【インド】忘れられた仏教石窟寺院群、アジャンタ | ホーム | 【インド】世界最大の洗い場、ドービーガート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

Twitter
http://twitter.com/WTravelerNanako

Instagram
https://instagram.com/worldtravelernanako

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
日本 (4)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (3)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)
アンナプルナトレッキング (5)
インド (28)
ネパール→インド (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR