FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど世界一周挑戦中!

【ミャンマー 】インレー湖ツアーに参加

ニャウンシェ観光の目玉はインレー湖のボートツアーです。
ニャウンシェ到着が朝8時半頃だったので当日中にツアーを手配。
つらつらと書いていきます。


ピックアップの時間にゲストハウスに迎えが来たので船着場に向かいます。


しゅっぱーつ!



まだここは湖手前の水路。
洗髪や洗濯など、地元の方には当たり前の生活の場みたいです。




インレー湖では夕方に子供が釣りをしていたり、
男性も女性も子供も水浴び(お風呂)をしていました。


インレー湖に入ってしばらくすると伏せ網のパフォーマンス。
観光客用に網を足でぐっとあげてポーズを取ってくれます。
私はもたもたしている間に近くを通り過ぎてしまってこんな遠い写真しかない(°_°)



観光客向けのパフォーマンス以外の方が興味深いです。
網漁をしている人、水草?を取っている人。
インレー湖に入ると水面近くまで水草がびっしり生えていて、
水も透明な綺麗になってました。不思議。






むっちゃ積んでるけど浸水したり沈んだりしないの?と思っていると
左の船の男性は頑張って船から水を掻き出ていました、笑


右足で器用に櫂を漕いでいます。


さっきのパフォーマンスの伏せ網を実際に使っているところ。
水面から広い口をしたに水中に沈めて、
上部の狭い口から銛を突っ込んで掻き回す。
それで浮いてくる魚をとるんだそうです。



ツアーではいろいろな工房にも連れて行ってもらえます。
これは銀細工の工房。
ニャウンシェより少し北の地域で銀の原石が取れるらしくインレー湖では銀細工がよく生産されています。


手元の紐が巨大なふいごにつながっていて。銀を溶かす。


溶かして冷やし固めた銀を細く紐城にしてから加工。


私達が通るときだけ手を動かすゆるい感じがいいと思います。笑
お決まりのショッピングエリアでは特に何も買わず。


ここでいったん昼ごはん。
ちょっとお高いのはツアーなのでしょうがない。。
チキンのカレー(油煮)とインレー湖でとったお魚の料理にしました。



昼ごはんの後はファウンドーウーパゴダ。
ここも修復中、、2月3月はそういう期間なのかも。。




金箔が貼られすぎて団子みたいになっている。。


ねこ。


天井がすてき。



続けて繊維工房へ。
インレー湖に生えている蓮の繊維を使うんだそうです。


蓮の茎を切って伸ばして繊維を取り出し、手のひらでよって糸状にします。


それを機織り機を使ってロンジー(巻きスカート状の伝統衣装)などを作るんだとか。
ラオスと違ってここの機織り機は横糸を振り子の原理で通す仕組みになっていて、
ラオスで見たものよりかなりメカニックな印象を受けました。


模様はすでに染色された糸をそれぞれ6回ずつ横糸にして作っています。
1番の横糸を6回→2番の横糸を6回→・・といった感じ。


染色前の横糸。
染色の工房は見当たらないし説明がないのでよくわからない。。



続いて葉巻の工房へ。


フィルターはトウモロコシの葉を乾燥させたもの。
それをタバコの葉と一緒にローリエの葉で巻いて糊付けして完成。
女性3人がてきぱきと作っていました。
バナナとかミントとかたくさんフレーバーがありました。
ただ私達はふたりとも吸わないから微妙な反応。。
そのせいか工房の人たちも微妙な反応。。。笑


インレー湖の中にも村はあります。
ここも高床式。
水草や藻を集めて島のようにしてその上に建物を建てているとも聞きましたが
ここはそんな感じには見えません。





そして次は楽しみにしていたインディン遺跡見学。
インレー湖のかなり南側に位置していてボートにも長いこと乗りました。
参道手前でカメラ持ち込み手数料を支払い。


参道はお土産物屋さんが並ぶマーケットのようです。
この日は遅かったからかすでに店じまい。


まずは本堂にご挨拶してから、本堂外の仏塔を見学に。











ひとつひとつの仏塔の先端には風鈴のようなものが付いていて、
風が吹くとしゃらしゃらと鳴ります。
敷地内にたくさんの仏塔があるのでそれだけで圧巻なのに鈴の音でさらに神秘的に。
これまで東南アジアをふらふらと彷徨っていろいろな仏教の形に触れてきましたが
個人的にはミャンマー のこの形式が1番仏教の神秘的な雰囲気を感じたと思います。
夕方で私達以外に誰もいないこともあってかなり良い雰囲気でした。

せっかくなのでたくさんの仏塔の全体を見える丘にも上がりたかったのですが
サンダル履きでちょっと怪我しそうな道だったので断念。

さて帰るか~と船着場に戻ると運転手さんがビリヤードしてて待たされる。


まって!まって!!
サンセット終わっちゃうから!早く早く!!


ということで若干遅れがちに出発。笑
帰り道、振り返ると綺麗なサンセットを見ることができました。





インレー湖の南から北部の乗り場まではかなり長くて、
次第に空が赤く染まって、暗くなって、真っ暗になっても船は走り続けました。



朝10時半から7時くらいまでかかりました。
運転手さんおつかれさまでした。楽しかった。

  1. 2019/03/07(木) 02:12:54|
  2. ミャンマー
  3. | コメント:0
<<【ミャンマー 】レンタルバイクでカックー遺跡へ! | ホーム | 【ミャンマー 】キンプンを離れニャウンシュへ。インレー湖を見学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (2)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR