FC2ブログ

type2102

小麦アレルギーだけど世界一周挑戦中!

【小麦アレルギー】ミャンマーで食べたもの

どんどん旅は進むのにっ!
せっかく小麦アレルギーだけど世界一周!とか言ってるのにっ!!
すみません!!全然その手の記事を更新していませんでした!!!
果たして需要があるのかはわかりませんがちょっと思い出しながら書いてみたいと思います。

まず、主食は米。ジャポニカ米ではなくインディカ米です。
基本的にはご飯とおかず、スープの定食スタイルが多いと思います。
おかずはメインにヒンと呼ばれる肉類の油煮。日本語、英語ではカレーと表現されています。
スパイスは少ないですが唐辛子はよく使います。
あと、基本的に塩分と脂分が強め。
麺類は米麺と小麦の麺の両方のメニューがあり、
これまでタイ、ベトナムなどで気にせず食べていた麺類に注意が必要になりました。

詳しくはググってください。
実際に食べたものを見たほうがわかりやすそうだし。


【モヒンガー】
ナマズで出汁をとったスープをかけて食べる米麺です。
基本的に朝食として食べるようですが夜でも結構食べられるところはあります。
美味しい上に、1食が50円とか70円とかでとても安い。






トッピングは店?エリア?によって結構バラバラでした。
揚げ物のようなトッピングは衣が米粉か小麦粉か分からないので避けています。(旦那が食べてます)
パクチー、ピーナッツ、ライム果汁などのトッピングもあるようです。


【ヒン】
先述の通り、ミャンマーカレーという名の油煮です。
具材は鶏肉、豚肉、牛肉のほかにアヒル肉やラム肉もありました。
基本的にごはん、スープと一緒にいただきます。
店によっては野菜(キャベツやカリフラワーが多い)の副菜と、
きゅうりやインゲンといった野菜の盛り合わせに辛いタレを添えたもの、
こういったメニューがつくところもあります。
だいたい一食で200円くらい。

バガン遺跡の食堂にて。


ニャウンウーの食堂で。GHオーナーのおすすめで安くて美味しかった

ごはん、おかず、スープの定食スタイルでいうと、
エリアによって魚を挙げたものや焼いたものがメインになるところもあります。

キンプンにて。メインは揚げた魚、スープは酸味が強い。


ダニュピュの僧院にて。干し魚を焼いたもの、揚げたものがメイン。


ちなみに、ごはんは基本的に食べ放題です。
副菜が減ってくると足してくれるお店も多かった。
スープは酸味・油分が強いところと逆にあっさりと鶏ガラや干し魚で出汁を活かしたところと二極化している印象。


【シャンヌードル】
インレー湖付近、ニャウンシェの街などでよく食べられている米麺。
産地のようでニンニクとピーナッツのトッピングが多い。
具材は鶏肉、豚肉のどちらか選ぶのが多かった気が。
汁あり汁なしの両パターンありましたが、汁なしの場合かなり油っぽい。

カックー遺跡の帰り、地元の食堂で。ニンニクが効いてる!


バガンに向かう夜行バスの休憩中にいただいたもの。こちらは汁あり、担々麺のようなピリ辛そぼろ肉がトッピング


ヤンゴンでもたくさん食べられるところを見かけました。米麺なので安心して食べられます。


シャンヌードルにはトッピングで高菜のようなものが付きます。
少し酸味があって、唐辛子のピリ辛が効いているお漬物です。
これが美味しい。個人的にご飯にも合いそうだと思います。


【その他食事系】
フライドライス
観光客向け屋台ではタイやカンボジアと似た感じ。
これはミャンマー らしいかも。豆入り。


モツ串


ヤンゴンでよく見られる屋台料理です。
何の肉のどの部位かよくわからないけどモツ中心の串のお店。
すでに火が通っているのでそのまま食べてもいいし、
鍋中央のスープにつけてから少し辛めのタレにつけて食べるもよし。
1本10円くらいなのでどんどん食べられます。


【おやつ編】
サトウキビジュース


ミャンマーは電気事情からか冷たい飲み物はあまり手に入りません。
(氷をふんだんに使っている風には見えなかった)
タイやラオスのようなフレッシュジュースの屋台はなく、
コンビニかスーパーで買うしかないです。
店舗以外で買った飲み物は唯一サトウキビジュースかも。
ちょっと青臭いけど甘くて、それでもさっぱりして暑さも吹き飛びます。


もち米をココナッツで炊いたもの?


僧院でもデザートとして出されました。
露天でもうっているけど衛生面的にスーパーで買った方がいいかも。
上に添えられているのはたぶんクコの実?
これも例に漏れず油たっぷりです。手がベトベトになる。


パームシュガー


椰子の樹液を煮詰めたもの。
黒糖のような深みのある甘みです。
これはタマリンドという酸味のある果物と混ぜたもの。
パームシュガーだけのものはレストランでタッパーに入れて置いてあったりします。


揚げバナナ
コンビニ、街中の商店、バスの売り子さん、あらゆるところで買えます。
素揚げなのでこれは大丈夫。
塩っぽい味付けと甘い味付けと2種類ありました。



コーヒー




基本的にミルク、砂糖たっぷり。
一度だけコーヒー粉に湯を注いだものがありましたが、
基本的にインスタント(お湯と一緒に提供される)か、すでに出来たものを注ぐだけのよう。
アイスコーヒーにはほぼ出会えません。


プリン


美味しいと有名だそう。
街中の焦点やコンビニにもあるし、屋台でも売っているところがあるんだとか。
成分は牛乳、卵、砂糖、以上!!
卵濃度が高くて、まるで甘い卵焼き食べてるみたいです。


【フルーツ】
正直タイやラオスのように安くたっぷり食べられる訳ではありません。
売っているのは主にみかん、すいか、ぶどう、リュウガンが中心。
りんごやマンゴーもありますが、↑の4つが多いです。
たしかブドウは1キロ450円くらい、リュウガンは1キロ210円くらい。
量り売りで買います。

ニャウンシェのマーケットで。


ダニュピュのマーケット
ヤンゴンはカットして売っていたけど衛生面は結構やばそう


リュウガン。ライチのような味。



食べたのはこれくらいかな、、。
最初はキツイな、と思った油分も慣れれば美味しい。
ただバリエーションはそんなに多くないので飽きは早いかも。

ミャンマー はインドの影響が強くなってきたのか、
揚げパンやチャパティ・ナンのようなパンの屋台も増えてきました。
屋台でも米粉を使っているらしいものもありますが確証がもて食べていません。
いよいよ食事に悩むエリアがやってきたようです。。


次の国はネパール。
ネパールもご飯とおかずを食べることが多いようですが、
エベレスト街道などはモモとよばれるシュウマイのようなものもたくさんたべるみたい。
トレッキングに行きたいと思っているので最悪食料をたっぷり担いで行かなくちゃ。。
また問題なかったか、何を食べたか書いていきますねー。


  1. 2019/03/15(金) 20:32:28|
  2. 小麦アレルギー
  3. | コメント:0
<<【国境越】ヤンゴンからカトマンズへ① ダッカでの18時間トランジット。 | ホーム | 【ミャンマー】ミャンマーから日本へ荷物発送(EMS超値上げ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanako

Author:nanako
旅と登山が好き。
小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦、蕎麦のアレルギー持ち。
2019/01/17より世界一周旅スタート!
備忘録用のブログですが、各国の食事やグルテンフリー情報をお伝えできたら。。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

世界一周準備 (9)
タイ (9)
国内 (1)
タイ→カンボジア (1)
カンボジア (5)
カンボジア→ベトナム (1)
ベトナム (11)
小麦アレルギー (2)
ベトナム→ラオス (1)
ラオス (7)
ラオス→タイ (1)
タイ→ミャンマー (1)
ミャンマー (13)
ミャンマー →ネパール (2)
ネパール (9)
エベレスト街道トレッキング (21)
エベレスト街道トレッキングまとめ (1)

twitter

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR